大葉と青じその違い!実は…

スポンサードリンク

「大葉」と「青じそ」は同じでしょうか?
それとも…?
違いを解説していきます。

 

大葉と青じその違いとは?

 

青じそです ↓
青じそ
引用:http://www.kusudama.jp/recipe/keyword/d0mt3h000000…

大葉です ↓
大葉
引用:http://item.rakuten.co.jp/studioem/10000357/

写真で見る限り同じにみえます。

結論から言いましょう、大葉と青じそは同じものです。笑

 

紫蘇(しそ)とは

「しそ」には、赤紫蘇(あかじそ)と青紫蘇(あおじそ)の2種類があります。

「赤じそ」は茎も葉も、赤紫色をしており、梅干し、紅しょうが、みょうが、しば漬けなどの色付けに使われます。

「青じそ」は茎も葉も、緑色で香りもよく、食用に用いられます。

 

同じものなのに、なぜ呼び名が違うの?

しそは、縄文時代の貝塚や遺跡から、その種が見つかっているほど、古くからある植物です。

昭和36年頃、静岡のつま物生産組合が「大葉(おおば)」として出荷したのが始まりとされています。

つまり「大葉」は商品名だったのです。

違いというよりは、青じそが大葉という名前で出荷されていた…ということですね。

商品名だったものが、現在では「大葉の種」「大葉の苗」のように、あたかも植物名のように使われている珍しいケースなのですね。

 

大葉と青じそは、どんな料理に使われるか?

 

その独特の香りから、サラダ、スパゲッティ、天ぷら、和え物、刺身のつま、またドレッシングの味つけなとに幅広く使われています。

大葉は、カロテン、ビタミンB、カルシウム、カリウムなどの栄養素を非常に多く含んでおり、中でもβ―カロテンの含有量は野菜の中でトップクラスです。

貧血予防、精神安定作用、食欲増進、食中毒予防効果、ダイエットなどへの効果が期待できる凄い植物なのです。

 

私のイチオシ

 

ズバリ「鶏ささみの大葉まき」です。
鶏ささみの大葉まき
http://www.fumiko.co.jp/recipe/cate_toriniku/sasam…

「ささみ」は高タンパク、低脂肪、ビタミンA群、B群など各種ビタミンも多く含み、吸収力にも優れたヘルシー食材として知られています。

私は焼き鳥が好きなので、よく作ったり、惣菜として購入したりします。

ささみの場合、味が非常に淡泊なので、そのまま焼いて食してもあまり美味しくありません。

そこで、ささみに串を差し、大葉を巻いて焼いたところ味、食感、香りがとても良くなりました。

ささみに塩、コショウし、大葉を巻き、出来れば炭火で焼きます。(フライパンでも構いません)

好みでレモン汁をかけます。

火を通しすぎると、パサパサになってしまうので、くれぐれも注意してください。

肉の中心は、余熱で火を通すくらいの感覚でいいと思います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ