九州の夏祭り!2015年も男らしさが充満だぜ

スポンサードリンク

“九州男児”という言葉があるように、九州の夏祭りは特に男性の熱気が感じられるのが特徴です。

御輿を担ぐのは男性限定とされており、親子三代で祭りに参加する様子も見られます。

子どもが親と参加することで伝統を受け継ぎ、後世に残していくのです。

男性が祭りのメインとなり、女性は裏方となるのも九州ならでは。

昼間から御輿が担がれるお祭りもありますので、交通規制には注意しましょう。

九州夏祭り


【博多祇園山笠】

日程:2015年7月1日(水)~15日(水)

場所:福岡県福岡市博多区上川端町

最寄り駅:JR鹿児島本線「博多駅」または地下鉄「祇園駅」

見どころ:最終日の追い山笠

楠田神社へ山笠を納める日で、山笠のフィナーレです。

メインコース:明治通り呉服町交差点~福岡市役所の間の1.3キロ区間

櫛田神社に祀られる素戔嗚尊に対して奉納される祇園祭で、700年以上続いている伝統ある博多の祭りです。

各流(各町内の組織名)によって装飾された山車を山笠といい、舁き山と飾り山があります。

7月1日の“注連下ろし”というお清めから始まり、7月10日には町内を舁き回る“流舁き”、7月13日の“集団山見せ”など、期間中の博多~天神区間は山笠で賑わいます。

海外からの参加者も多く、山笠の舁き手が男性に限定されているのも特徴です。




【九州花火大会】

日時:2015年7月19日(日)20:00~

場所:佐賀県唐津市西の浜

最寄り駅:JR「唐津駅」

穴場スポット:1号松浦河畔緑地

今年で63回を迎える県内最大級の花火大会で、約6,000発の打ち上げ花火が予定されています。

唐津城と海と花火のコラボレーションに注目です。

会場周辺は19:00~22:00まで車両の進入が禁止されますので、車での来場は避けましょう。




【中津祇園】

日時:2015年7月24日(金)~26日(日)

場所:大分県中津市二ノ町 闇無浜神社

最寄り駅:JR日豊本線「中津駅」

見どころ:祇園車を稚木門から西御門まで走らせる「練り込み」

24日の“引き出し”、25日の“朝車”、26日の“戻車”で構成されている、無病息災を祈願するお祭りです。

闇無浜神社の摂社である八坂神社を中心とする「下祇園」と中津神社を中心とする「上祇園」に分かれて祇園車を走らせます。

男性の力強いパフォーマンスも見どころです。




【海を渡る祭礼】

日程:2015年7月25日(土)~26日(日)

場所:宮崎県宮崎市青島 青島神社

最寄り駅:JR南線「青島駅」

見どころ:青島海水浴場や町中にて行なわれる「暴れ」

青島神社に祀られている御霊を神輿に乗せて海積宮へと運ぶ、無病息災とご利益を願うお祭りです。

神輿を海へ渡すのは22・23歳の成年男子とされています。

「暴れ」とは神輿が海を渡る際に大波やうねりを表したもので、海を渡る祭りは県内で青島神社の「海を渡る祭礼」だけです。




【火の国まつり】

日程:2015年8月7日(金)~8日(土)

場所:熊本県熊本市中央区

最寄り駅:市電「通町筋鶴屋前」または「水道町」

見どころ:各団体が趣向をこらして出演する「おてもやん総おどりコンテスト」

昭和53年から続く地元愛の強いお祭りです。

熊本の代表民謡「おてもやん」の曲に合わせて、市内中心部を踊りながら歩きます。

交通センター前や銀座通り、水道町付近など熊本の中心地をメインに、約60団体による総踊りが披露されます。




【平戸港夏まつり】

日程:2015年8月1日(土)

場所:長崎県平戸市崎方町

最寄り駅:松浦鉄道「たびら平戸口駅」

見どころ:祭りのフィナーレを飾る2,500発の打ち上げ花火

ライトアップされた平戸城をバックに、平戸港交流広場で開催されるお祭りです。

地元の人々による田助ハイヤ節の披露や夜神楽の奉納が有名で、メイン会場には多数の露店も並びます。




【霧島国分夏まつり】



日程:2015年7月18日(土)16:00~19日(日)21:00

場所:鹿児島県霧島市国分中央 国分シビックセンター周辺

最寄り駅:JR日豊本線「国分駅」

見どころ:2日目で祭りのフィナーレを飾る、国分寺御輿競争

2015年で51回目を迎える、霧島市の夏の風物詩です。

市内を練り歩くパレードや総踊り、阿波踊りが有名で、御輿と太鼓が演奏を競うステージも迫力満点です。

2日目の国分寺御輿競争では、総重量1トンを超える御輿を男性が担いでタイムを競います。


スポンサードリンク

このページの先頭へ