関西の夏祭り!2015年は○○

スポンサードリンク

関西では、6月~8月で多くの夏祭りが開催されます。

そのなかでも特に歴史のある夏祭りを各県ごとに紹介していきます。

それでは、2015年の関西の夏祭りを紹介していきます。

2015年、関西の夏祭り


【愛染まつり】

日時:2015年6月30日(月)~7月2日(水) パレードは6月30日13:20~予定

場所:大阪府大阪市天王寺夕陽丘町

最寄り駅:地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」

見どころ:宝恵かごパレード、ミス愛染娘コンテスト、秘仏ご開帳

天神祭、住吉祭を含む大阪三大夏祭りで、愛染まつりが日本で一番早い夏祭りと言われています。

大阪では「愛染祭で夏が始まって住吉祭で夏が終わる」とされており、1400年もの間続いている無病息災を願うお祭りです。

宝恵駕籠と呼ばれる神輿に愛染娘を乗せ、街中を練り歩きます。




【祇園祭】

日時:2015年7月1日(水)~31日(金)

場所:京都府京都市東山区祇園町

最寄り駅:京阪本線「祇園四条駅」または阪急電鉄京都本線「河原町駅」

見どころ:前祭と後祭の2回にわたって行なわれる山鉾巡行

東京の神田祭、大阪の天神祭と合わせて日本の三大祭に選ばれており、開催期間は1ヶ月ととても長い夏祭りです。

京都の夏の風物詩となっており、平安時代に祇園の神様を祀りながら災いを追い払う除霊会を行なったのが始まりです。

見どころである山鉾巡行は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されており、伝統芸能奉納も行なわれます。




【愛宕祭】

日時:2015年8月21日(金)~22日(土)

花火大会は22日(土)19:30~開催予定

場所:兵庫県丹波市氷上町

最寄り駅:JR福知山線「石生駅」

見どころ:フィナーレで打ち上げられる4号玉花火

江戸時代中期から続いている、五穀豊穣と家内安全を願うお祭りです。

京都の愛宕神社を分社しているため「愛宕祭」と名付けられました。

丹波は昔ながらの下町の風景が今でも残っており、神社仏閣が並んでいる歴史の町です。

その町中には「造り物」と呼ばれている庶民芸術が奉られます。




【船幸祭】

日時:2015年8月17日(土)16:50~建部神社出発

場所:滋賀県大津市神領

最寄り駅:京阪石山坂本線「唐橋前駅」またはJR「石山駅」

見どころ:船渡御が無事に瀬田の浜に辿り着くころ、神輿の動きにあわせて花火が打ちあがります

建部神社を出発して、瀬田川をたどりながら大神輿を載せた船渡御が進行します。

建部神社とは日本武尊の海路東征に由来しており、日本の中でも特に歴史ある神社です。

神楽船や稚児船などおよそ20隻の警固船に守られるようにして瀬田川を下っていきます。




【行者まつり】

日時:2015年8月2日(日)10:00~3日(月)22:00

場所:奈良県吉野郡天川村洞川

最寄り駅:近鉄「下市口駅」

見どころ:ひょっとこ踊り、鬼踊り、奉納演芸大会

大峯山の奇祭としてとても有名な行者まつりは、大峯山開拓のきっかけとなった役行者が島流しにあったことがきっかけで開催されるようになりました。

無罪となった役行者が大峯に出戻り、村人たちが鬼踊りで盛大に迎えました。

現在でもこの鬼踊りが残っており、二日目の御礼護摩の前に鬼踊りのパレードも行なわれます。




【那智の火祭】

日時:2015年7月14日(土)10:00~15:30

場所:和歌山県那知勝浦町那知山

最寄り駅:JR「紀伊勝浦駅」

見どころ:重さ50キロを超える、参道を覆うほどの大きな松明の炎

日本三大火祭りのひとつで、那知大社の「扇祭り」の一幕です。

始まりは神武天皇の祈りに対して那知の滝を御霊代として祀ったことだと言われています。

大きな松明で扇神輿を清めて渡御を執り行います。

扇神輿は日の丸や桧扇の花、蝶の髭などが飾り付けられ、その姿が「那知の大滝」を表しています。





関西の夏祭りトリビア


関西は“日本三大○○祭”に選ばれている祭りが多いのが特徴です。


各お祭りで来場者数は例年増えており、交通渋滞や歩行者道路規制が問題となっています。

2015年もルールを守り、混雑を最小限に抑えることが重要です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ