バーベキューソースはアメリカ人と日本人で違う?

スポンサードリンク

バーベキューとは、薪や、炭、ガスなどの直火で、肉、野菜や、魚介類を焼いた料理の事。

バーベキュー時には、匂いがかなり出る為、野外で行なわれ様になったそうです。

自宅の庭や、ベランダ、バルコニーの他、キャンプ場などで食べる。これを「バーベキュー」と呼んでいます。

その料理の味付けに使われるのが、バーベキューソースと言います。

akjdhf

 

バーベキューソースの語源は?


 
BBQソースの語源は、英語圏ではB.B.Q.、Bar-B-Cue、Bar-B-Qと略されるそうです。

豚や牛の骨付き肉部分などの硬くて、一般的な料理では食べにくい肉を、115℃程度の低温で時間を掛けて、蒸し焼きにし、柔らかく調理した物をBBQと呼ぶようになったと言われています。

公園でBBQ!


米国で野外のパーティー料理として、庭に炉を作ったり移動グリルを使い,肉や野菜を焼いて、好みのソースで食べます。

このソースをBBQソースと言っています。

 

アメリカ人と日本人で、バーベキューに対するスタンスが違う?


 
日本人のバーベキューと言うと、薄くスライスした肉を炭火などの高温で焼き、家族や仲間と食べる、野外版の焼き肉ですね。

アメリカ式のバーベキューとは全く調理方法が違います。

実はアメリカ人の思うバーベキューと言うのは、かなりの思い込みがあるそうです。

とにかく、BBQに使う肉はもの凄いものが有り、キロ単位の塊で準備します。

また、BBQに使われるのは肉だけでは無く、野菜の量もかなりの量を摂取するのですが、日本人のアメリカ人に対する意識の中には、野菜はあまりとらないイメージがありますよね。

日本人は、鉄板も綺麗な物を使い、綺麗に保つ認識があるのですが、アメリカ人はその辺りはおおらかで、少々の汚れは気にしませんねぇ…。

rynfgbdg

 

本場のアメリカ流バーベキューとは?


 
BBQとは、大きな食材をおいしく焼いて食べる為に考えられた調理法です。

食材は直火から出来るだけ離し、ゆっくりと時間をかけて中まで良く火を通すのがアメリカ流です。

時間を掛けて焼いた大きな肉を取り分け、会話をしながら食べるのが、一般的にアメリカで言われているBBQで、調理が全て終わって、大勢で食事を頂くのです。

スモークやロースト等の焼き方も楽しんで、ソースも何種類も準備されます。
ソースにはかなりのスパイスも聞いているとか…。

アメリカでは、肉も野菜も全部焼いて、綺麗にお皿に持って全員で一緒に食べ始めるのが決まりだそうです。

sfbsfv

 

アメリカの味が堪能できるバーベキューソースを紹介


 
高級なレストラン等に入った時に、同じ様な良い香りがしませんか。

その香りが、アメリカの人の食欲をそそる根源との味と言われているのです。

肉のステーキ、魚介のグリルなどを炭火で焼かれている料理。

料理を作る=薪を積んで火をおこす=薪の上に獲物を置いて、こんがり焼いて食べよう!…って、いわゆる「バーベキュー」ですね。

☆濃厚で独特で、大体です。普段は焼肉のタレは自家製で作り、スパ

イスの効き具合は独特です。

真似するのは難しいですね。

甘辛いような、かなりヘビーな濃厚な味ですが、他のタレなどと合わせて使う事もします。

この味はかなりクセになる、美味しい味わいで、日本で通常に食べる焼肉のたれとはかなり違う様に思いますが、これぞBBQソースですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ