愛知で潮干狩り!2015年激熱スポットは?

スポンサードリンク

潮干狩りは春の桜が咲き誇り終わると最盛期を迎える夏の時期の楽しみですよね!

そんな潮干狩りが関東だけでなく愛知県でも楽しめます。

今回は愛知県でもオススメな潮干狩りのスポットをご紹介いたします。

愛知で潮干狩り

愛知県でオススメの潮干狩りスポットは?2015


 
東はず海岸・前島

基本情報
【場所の説明】
東はず海岸・前島では潮干狩りができますし炭火バーベキュー施設も完備しています。

休憩所と更衣室は前島のみです。

※なお、団体25名以上は割引があります。2015年現在

【開催期間】 2015年3月6日〜8月2日
【採れる貝の種類】 アサリ・ハマグリ・バカ貝・マテ貝
【料金】 大人 4㎏ 1,500円
     子供 2㎏ 700円
1㎏増しごとに600円
〈渡船料金〉 大人 800円
       子供 400円
【施設情報】
〈トイレ〉完備 〈更衣室〉前島のみ完備 〈休憩所〉前島のみ完備なおゴザを貸し出ししておりますが料金は500円(5名まで)
〈コインロッカー〉なし 〈温水シャワー〉なし
【交通アクセス】
〈場所〉 愛知県西尾市東幡豆須賀田

車:東名高速道路音羽蒲郡ICから国道247号経由で約30分
〈駐車場 約2000台 無料〉
〈駐車場の一部は土日祝1日500円となる場所があります〉

鉄道:名鉄東幡豆駅から徒歩約5分



潮干狩りでライバルを出し抜くための裏技


 
・ 干潮時がベストなので干潮の時間帯を計算しておく
・ 大潮の日を狙いましょう
・ 他よりちょっと盛り上がった場所があると思うので反対側の斜面に大量のアサリなどがいる可能性があります。

・ 海藻が溜まっているところにはプランクトンがたくさんいるのでアサリも好む隠れ家なんです。

・ アサリは砂の中に潜る時、必ず縦に潜り出水管を水中に出しますのでその小さい穴を狙いましょう!

・5㎝以上掘っても何も無いときはそこに貝はいません
・ 入場門の係員に貝のいそうな場所を聞きましょう!

・ 人が集まっている場所は避けてください。


愛知県での潮干狩りのマナー


 
この潮干狩りのマナーについては愛知県だけでなく全国的なものです。

・ 幅15㎝以上の貝採り器具の使用
・ 2㎝以下の小型の貝は稚貝なので逃がしてあげましょう
・ 深く掘ってしまった場合は元に戻して下さい
・ アマモなどの海藻を抜いたりしないで下さい
上記のマナーを守って家族や友人、恋人と楽しい潮干狩りをして下さいね!

潮干狩りでできる裏技もお教えしました。

これであなたも潮干狩りマスターになれるかもしれません♪

ぜひ潮干狩りに行った際はこの裏技を参考にして頑張ってください!

2015年の潮干狩りも楽しみましょうね☆

スポンサードリンク

このページの先頭へ