登山ヘルメットは必要か?不要か?物議をかもしだす

スポンサードリンク

ところで、本格的な登山を始めるについて、登山用のヘルメットは買った方が良いんでしょうか?

本当に、必要なのか!?

今迄はハイキング位で、本格的な登山をするのは初めてなんですが、登山仲間が一緒に買おうと言うので考えています。

登山と言っても、岸壁を登るとか、ロッククラウニングの様な危ない山ではないのですが…。

登山用のヘルメットには、軽量タイプと通常タイプがあると聞きましたが、何処が違うのでしょうね。

比較して見て、メリットとかデメリット、又はお勧めのヘルメットは有るのでしょうか?

登山でヘルメットは必要なのか

登山でヘルメットは必要なのか?


私の経験上では、登山でヘルメットをしていて助かった!と、言った話はあまり聞いた事はないと思います。

例えば登山中に突然、握り拳位の大きな石が200mからの上の方から落ちて来たとして、もし直撃したら、ヘルメットってかぶっていても助からないですよね。

そうは言っても、ヘルメットをかぶっていたから大けがをしなくて済んだ・・・、なんて事が無いとも言えませんが…。

最近は発泡材を使用したヘルメットは耐用期限年数も有るみたいですが、保障期間を過ぎた物は安全性は少なくなると思います。

その辺りの事が良く理解出来ていて、使うとしたら特に問題は無いと思いますが、基本的にヘルメットを被る被らないは、自己責任だと思います。

ですから、少しでも危険を回避するために必要…ということですね。

もし、購入するのでしたら、自分の頭にフィットする物を選び、あまり値段に拘らず、購入してはどうでしょうか。
登山用ヘルメットの選び方

登山用ヘルメットの選び方と注意点とは?


ヘルメットの装着義務

ヘルメットと言うと、落下物から頭を守る事が本命なので、やはり強度への拘りは必要かと思います。

近頃は内側には発泡材を使った、超軽量のヘルメットが多く、もともと登山用のヘルメットは、外人サイズに合わせてあり、日本人の頭にはピッタシ来ない事等から、出来れば国産のヘルメットの方がしっくりとすると思いますよ。

国産は多少重く感じるかも分かりませんが、身を守る目的の物になるのですからね。

購入する時の注意点は、
① 通気性、②着用感、③重量、④耐久性を良く確かめる事が大事だと思いますね。

ヘルメットの装着義務がある?


 
登山用としてのヘルメットは、現在の時点では特に義務付けはなく、一般的には帽子は必需品だと思います。


長野県山岳遭難防止対策協会では、滑落、転落、転倒事故が多い主要山域なので、「自分の命は自分で守ろう…!」と、言った意識付けをで、登山時にはヘルメット着用の定着化を2013年から始めているそうです。

ヘルメットの着用

最近では軽量のものもでてきている!


昔のヘルメットのイメージは、何に使うとかは関係なく、重いイメージがありましたね。
最近、専門店で手に取って、軽さに驚いています。

良く見ると、軽さの秘密は通気性にある…?
通気孔の数が多い事にあるのでかな…?とも思いました。



もしかして、通気孔が多く開けらて、軽量になった事で強度は若干弱く成っていたり、耐久性は?なっども感じて居ます。

通常タイプの方は軽量タイプと比べると、耐久性が良いのかも知れませんね。
通気孔はかなり少なくなりますが、外の面と内装の部分に隙間があるので通気への不安はないのかも知れませんね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ