登山用リュックの選び方!知らないと大損確定…

スポンサードリンク

登山に行くには、色んな用具が必要になりますが、リュックにも沢山の種類がありますから、購入時には良く選びたいですね。

登山用リュックを購入する時の決め手として、デザイン、カラー、価格、等々…、人夫々…、ブランドに拘る人も居ますね。

そこで今回は、選び方について解説していきます。

これらの拘りは、商品を手に取り確認出来る物なので失敗はないと思いますが…。

見た目では分からない大切な部分で、「背負いやすさ」は大切ですね。

リュックを背負った時、腰の骨盤を包み込むようで、正しい位置でベルトが締められて、背中とザックが合っている事が大切です。
登山用のリュック選び方

登山用のリュック選び方!ポイントや注意点など


 
登山用のリュックを選ぶ時にチェックしたいポイントは、実際に背負ってみて背負い易い物が良いですね。

購入したリュックが、思ったより小さく、荷物が入り切らなくて残ってしまう、そんな事も珍しい事では無いのですよ。

*リュックの選び方のポイントについて…。
1)自分の背中の長さと、リュックの長さが合っているか…。
2)背負って見た時の荷重分散は大丈夫。
3)リュックの全体のバランスは偏っているか。
4)背負って見た時、ショルダーハーネスが自分の肩に合っているか。
jfjes

なぜ登山用リュックが必要なのか?


 
移動時に、物を入れて持ち歩く事からでは、同じような働きの様に思うのですが、利便性の面から言うとかなり異なります。

登山用のリュックには、ピッケルホルダーなど登山だけで使われる物が付いていて、背負子のようなフレームが背中全体を包み込み安定感があり、腰を巻きつけるベルトも付いて、縦長のリュックサックですね。

日帰りやハイキングなどで使用するのが、一般的に言われているリュックで、軽くて行動しやすく作られています。
背負うことも、手に持つことも、肩から提げることもできるリックですね。

登山用リュック

ザックの背負い方や、手入れの方法


 
登山の日にちも決まり、必要な物も全て整えて、いざ出陣とワクワクしているのですが、登山初心者の方は当然の様にザックの背負い方は不安ですね。

登山のザックは一般のリュックとちがい、背負い方が有ります。
ザック(=リュック)には、たくさんの­ベルトやストラップ等が付いています。
それらを自分の身体に合わせて、適切な調整で、登山が苦にも楽にもなります。

ザックの背負い方


手入れの仕方としては、水を絞った布で全体を拭き、陰干後、馬毛ブラシで全体の汚れを落としています。
特に汚れの酷い部分には歯ブラシで…、落ち難い時には中性洗剤を薄めた布で拭き、最後にしっかり絞った布で軽く叩き、陰干しします。

完全に乾いた所で、フッ素系でコーティング剤をスプレーして完了!


価格の相場は?高いと何が違うの?


kfjskx

登山用と普段用のリュックは色んな部分に違いがあり、便利な機能が施されていて、例えばやや大きめのザックになると、一番奥の取り出し辛い荷物も簡単に取れます。

登山用のザックのアマブタには使用頻度の多い道具や、ポケットは小物とか地図を入れるのに便利で、その他にも沢山利点があり、必要なものがサッと取り出せるのも良く、耐久性に優れた素材が使用されています。

価格にもピンからキリで、6000円位から30000円位と思うのですが、それなりに機能UPしていると思います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ