夏フェス!バッグでおすすめなのは?盗難されないテクニック

スポンサードリンク

h2>夏フェスに持っていくバッグでおすすめは?
荷物はコインロッカーに預ける用とフェスに持ち込む用の二つに分けるのがベターです。

宿泊グッズやフェスの間に使わない小物類は大きいボストンバッグやキャリーバッグに入れてコインロッカーに預けてしまいましょう。

夏フェスに持ち込む用のバッグは、肩から斜めに掛けられるショルダータイプかリュックがおすすめです。

できれば防水タイプのものを選ぶのが安心です。

夏フェスに持っていくバッグでおすすめ

夏フェスバッグを選ぶ際のポイントとは?


例えば駅構内にあるコインロッカーのサイズの目安は下記の通りです。

標準:高さ200~400×横340×奥行570

中:高さ550×横340×奥行570

大:高さ840×横340×奥行570

特大:高さ1030×横340×奥行570

横と奥行きは全て統一されているので、コインロッカーに入れるバッグは高さで選びましょう。

特大サイズのロッカーは設置数が少なく、すぐに埋まってしまうので大サイズに合わせたものを購入しておくと良いです。

ボストンバッグも同様にコインロッカーの高さに合わせて選ぶようにしますが、いざとなれば押し込むという手段もありますので、キャリーバッグのようにサイズにこだわらなくて良いかもしれません。

夏フェスバッグを選ぶ際のポイント

フェスに持ち込む用のバッグには、財布・携帯・タオル・タイムテーブルなど必要最低限のものが入ればOKです。

リュックは物が詰め込めるので大きめでも良いですが、ショルダーバッグはコンパクトな
ものを選びましょう。

荷物が少ない男性であれば、ボディバッグもおすすめです。

バッグの口を自分の前側に持ってくることができるので盗難の心配もなく、物の出し入れもスムーズです。

バッグ選びで重要なのは、両手があくことです。

手さげタイプのバッグは避けるようにしましょう。

バッグの機能面では、防水、ポケットがたくさんある、ファスナーで開閉、マジックテープで開閉、など自分に必要なものを選びます。



盗難などにあわないためにすること


必ず徹底しなければならないのは、バッグを開けたらその都度ファスナーなどを閉めて口を閉じることです。

特に頻度の高い財布の出し入れには注意が必要です。

いちいちバッグの口を開けたり閉めたりするのが面倒で、財布を入れっぱなしでバッグの口を開けたまま行動することもあるかもしれません。

人ごみの中に入ってしまえば、口を開けたままのバッグは中身を盗んでくださいと言っているようなものです。

盗難にあってもまず気付きません。

両側からの開閉が可能なダブルファスナーの場合は、二つのファスナーの穴をひとくくりにしてキーホルダーを通し、簡単に開かないような工夫をします。

自分で開けるのにも手間がかかりますが、盗難防止には最適です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ