夏フェスキャンプの必需品をまとめてみたw

スポンサードリンク

夏フェスのキャンプ必需品


夏フェスの会場は都心から離れている場所も多く、忘れ物があったら近くで調達しようという考えは捨てておいた方が良いです。

準備は万全に、必要最低限の荷物をコンパクトにしてフェスへ行きましょう。

キャンプ用品は貸し出ししてもらえる所もありますので、事前にキャンプ場の設備は確認しておいた方が良いです。


 
【日よけ・暑さ対策】

・帽子(日射病対策にも雨対策にもなります)

・タオル(日中は首に巻いておくだけで日射病対策になります。雨対策とキャンプ用と、2~3枚は持って行きましょう)

・日焼け止め(特に女性は必需品ですよね)

・制汗シートやスプレー(一気にクールダウンしてくれ、蒸し暑いときやお風呂に入れないときにも便利です)

 
【日用品】

・歯磨きセット(必須です)

・時計(携帯とは別で腕時計も必須です)

・常備薬(頭痛薬、解熱剤、胃薬、目薬は持っていくと安心です)

・ゴミ袋(フェスの途中やキャンプの食事中など、自分で出したゴミは自分で持ち帰るのが基本です)

・ふき取り用メイク落としシート(女性はキャンプ時に必須アイテムです)


【着替え】

・下着、靴下、Tシャツなど(ボトムは2日続けて穿くこともできますが、トップスは着替えられるよう何枚か持っていきましょう)

・パーカーなどの上着(防寒着として夜に役にたちます)


【キャンプ用品】

・寝袋(キャンプといえば寝袋です。ふとんがなくても寝袋があれば一晩くらいは楽に過ごせます)

・レジャーシート(テントの中や野外での食事には必須です)

・軍手(あると必ず役に立ちます)

・圧縮袋(着替えた洋服やタオルなどは圧縮袋でコンパクトにしてしまえば荷物も減らせます)






夏フェスキャンプは雨対策もしよう


夏の野外フェスは突然の雨がつきものです。

天気予報は晴れでもゲリラ豪雨で予期せぬ事態も考えられますので、雨対策はしっかりとして必需品を備えておきましょう。

・長靴(最初から履いていっても良いですし、雨が降って履き替えても良いです)

・カッパ(フェスは折りたたみ傘を禁止していますので、ビニールカッパや登山用カッパを着ます)

・レインパンツ(フェスのほとんどは雨天決行です。最初から雨の予報の場合はレインパンツまで持って行きましょう)

夏フェスキャンプの雨対策

夏フェス!皆の必需品



野外フェスを楽しむ秘訣は?

野外フェスを楽しむ秘訣
事前準備をしっかりしておけば初めての野外フェスでも思いっきり楽しむことができます。

また、フェスに慣れている人でも準備には手を抜かず、スケジュールに合わせて必要なものを考えてみましょう。

 
①ライブのタイムテーブル確認

まず何より第一にすることは、タイムテーブルにそったスケジューリングです。

お目当てのアーティストに合わせて行動し、すきま時間でグッズの購入や食事、移動にあてます。

スケジュールを制する者はフェスを制します。

 
②移動方法のシミュレーション

目的地までの行き方と交通手段は事前に必ず確認しておきます。

想像以上の人の混雑や天気、時間によって必ず予定する計画はずれます。

余裕を持って行動し、交通系ICカードのチャージは多めに入れておきましょう。

スマートフォンの乗り換えアプリを活用することでスムーズな移動ができます。

 
③常備しておく飲み物、食べ物

会場でも購入できますが、前もってペットボトル1本分の水を凍らせておくと暑さ対策にもなって便利です。

ガムや飴、カロリーメイトなどすぐに食べられてエネルギーになる物も必須です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ