夏フェスファッション2015年!これだけ着とけ間違いない

スポンサードリンク

夏フェスのファッション!2015の流行


2015年は特に春・夏でファッションはデニム素材が流行すると言われています。

ファッション業界でも“デニム・オン・デニム”という上下デニムのコーディネートが注目されており、早くも海外や日本のモデルが取り入れています。
デニム・オン・デニム
夏フェスでもボトムのデニムはもちろんのこと、デニムシャツやデニムワンピースなどをよく見かけるかもしれません。

また、レディースブランドから注目されているのが“レースアップ”です。

胸元からレースアップが施されたワンピースやチュニックが流行すると言われており、女性らしく着こなせること間違いなしです。

トップスをレースアップにし、ボトムをデニムであわせれば流行をふんだんに取り入れたコーディネートの完成です。

また、ここ数年人気のあるギンガムチェック柄も2015年は継続して注目されているようです。

女性の柄と思われがちですが、黒や緑のギンガムチェックシャツなら男性でも気軽に着こなせます。




夏フェスファッションのポイントとは?


ポイントは動きやすさです。

おしゃれや流行、個性も大事ですが、まずは自分が動きやすい服装かどうかをチェックします。

特にボトムは普段から履きなれているものを選び、トップスでおしゃれを取り入れると良いでしょう。

普段からスカートに履きなれている女性は、無理してデニムを選ばずにスカートでもOKです。

デニムなどを履く場合は裾の長さもチェックしておきましょう。

裾を引きずっていたり長すぎたりすると、歩く際の邪魔になることや他人に踏まれることも考えられます。

また、トップスにアーティストTシャツを着ていくのもフェスならではです。

複数のお目当てアーティストがいればその都度、着替えることも楽しみのひとつです。

夏フェスファッション

夏フェスファッション2015!どういった系統がいい?


大きく分けると山系か海系のコーディネートがおすすめです。

まず山系は、近年流行している山ガールや山ボーイのような、登山ができるようなファッションです。

ポイントはレインウェアとリュック、足元はトレッキングシューズを合わせることです。

動きやすさを重視したアクティブなフェス王道コーディネートです。

男性は斜め掛けショルダーバッグもおすすめです。

また、山系の延長で民族系ファッションも個性的で目立つこと間違いなしです。

柔らかい紫や青のロングスカートにストールや民族系アクセサリーでコーディネートします。

海系は元気で夏らしく、海辺で開催されるフェスにぴったりのファッションです。

男性のタンクトップ+短パン、女性の半そで+デニムショートパンツ、などは海でよく見かけるファッションですよね。

海辺の夏フェスにもぴったりで、サーフ系や海ギャル系とも呼ばれます。

カップルや友人通しで小物を揃えるのもおしゃれです。

また、系統に関係なく必須アイテムはフェスオリジナルタオルです。

みんなでお揃いにすることでフェスの一体感が高まり、思い出の物にもなります。

夏フェスファッション2015

足元はどういうものがいい?


どんなファッションでも足元は靴が鉄則です。

女性のヒールやサンダルは絶対に避けるべきアイテムです。


フェスは会場内も広いため長時間の移動や立ちっぱなしが考えられますし、雨で足元が悪くもなります。

より頑丈なトレッキングシューズや、フェスで履き潰しても良い運動靴、雨対策のレインブーツがおすすめです。

夏フェスファッションスナップ!メンズ編

レディース編

スポンサードリンク

このページの先頭へ