夏フェス!2015年は福岡で決まりでしょ

スポンサードリンク

福岡の夏フェス!2015年の日程は?


【SUNSET LIVE 2015】

日時:未定 2014年は9月5日~7日に開催

場所:糸島市志摩芥屋 芥屋海水浴場

最寄り駅:地下鉄 筑前前原駅、または、にしてつバス 前原

入場料:当日券¥7,500(税込)、前売り単日券¥6,500(税込)、3日通し券¥15,000(税込)

2015年で23回目の開催となる、福岡でも長い歴史をもつ夏フェスです。

福岡市内から車で30分程度ほどで、交通の便もよく、会場自体も小さめなので移動がスムーズです。

その名の通りサンセットが見どころで、海にうつる夕焼けと音楽の融合がとても綺麗です。

特に糸島は夕日が綺麗な場所として有名ですので、フェスの会場以外でもサンセットスポットが多数あります。



【NUMBER SHOT 2015】

日時:2015年7月25日(土)10:00~26日(日)20:20

場所:福岡市東区 海の中道海浜公園

最寄り駅:JR海の中道駅

入場料:ブロック指定¥8,000(税込)

2014年の出演アーティストはケツメイシやくるり、ナオト・インティライミなどフェスの常連アーティストばかりです。

今年も豪華なアーティストの出演が確定しており、二日間とも目が離せないフェスです。

両日通し券はすぐに売り切れますので、早めにチェックしておきましょう。



【NAKASU JAZZ 2015】

日時:未定 2014年は8月14日(木)開催

場所:福岡市博多区中央区の各指定施設

最寄り駅:地下鉄 中洲川端駅

入場料:無料

福岡最大の繁華街、中洲ではジャズをメインとしたフェスが行なわれています。

リバレインや清流公園だけでなく、中洲の全てが会場となるのでお祭りのような感覚で気軽にジャズを楽しむことができます。

出演者は有名なジャズシンガーから若手シンガーまで、様々な年代が楽しめるようになっています。

なんと2014年は80組のジャズパフォーマンスがありました。

中洲の雰囲気やバーでのお酒も楽しみながら、ジャズの世界に触れてみてはいかがでしょうか。




福岡の夏フェスの特徴とは?2015

福岡の夏フェスの特徴
特に9月は、福岡の各地で夏フェスが開催されています。

市街地はもちろん、福岡の海辺を生かした特設ステージも組まれ、夏の終わりまで盛り上がります。

福岡ではこの一ヶ月を「福岡ミュージックマンス」と呼んでおり、アジアへ向けても音楽を発信しています。

各フェスのホームページではフェスに参加した人達のフォトスナップを特集しています。

夏の思い出に、ぜひ写真を投稿して福岡の音楽を盛り上げてみてはいかがでしょう。

 

福岡の夏フェスお得情報

福岡の夏フェスお得情報
福岡は特に海沿いでのフェスの開催が多く、より夏を感じられる演出が魅力です。

また、夕日の綺麗なスポットや海沿いのおしゃれなカフェなども多く、観光としても楽しめるので他県から来る人にもおすすめです。


福岡は電車、地下鉄、バスと公共交通機関が発達しているので、移動の心配もほとんどいりません。

都会的な場所と自然豊な場所、どちらにも手軽に行けてアクセスしやすいのが福岡の最大の魅力なのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ