花粉症の対策!薬はいつから飲めばいい?これが答えだ

スポンサードリンク

花粉症対策の薬はいつから?

花粉症の方にとって必需品となっているのが花粉症の薬ではないでしょうか?

花粉症になっている方は薬を飲む時期が自ずと分かっていると思いますが、今年からまたは近年なったばかりという方はイマイチ飲む期間が決まっていないと思います。

今回はそんな方のために花粉症の薬をいつから飲めばいいかご紹介致します。

ネガティブなハロー効果

花粉症の薬はいつから飲めばいい?


 
花粉症の薬を飲む時最初に考える事だと思います。

花粉症の薬で用いられるのは「抗アレルギー薬」というものです。

抗アレルギー薬という薬は本格的に効き始めるまでには約2週間かかると言われているんです。

なので地域によって花粉の飛散時期は違いますが本格的な花粉の飛散時期の2週間前には服用していた方がいいですよ。

 
そして、花粉の時期が終わるまで服用していて下さい。

なお、他の薬を服用しているかたは受診している病院の医師に聞いてみたりその薬を出してもらっている薬剤師に一度聞いてみる事を絶対にオススメします。

症状が現れる前に飲み始めていると症状が軽減されますよ!

 
【注意】
去年、病院からもらった薬があるから今回はこれを使えばいいや♪

なんておもっているあなた!

それは大きな間違いです。

薬には基本的に食材と同じく期限が決められていますし、病院から処方されている薬はあくまでその期間内に飲みきることが前提であなたにあった処方です。

でも今年、受診したら違うものが出される可能性もあります。

なので、今年は受診せずに去年の薬を使うことはダメです。

ぜひ、面倒でも毎年の受診してください!

花粉症の初期療法

花粉症の初期療法とは?


 
花粉症の初期療法とは、花粉症の症状がでる前から治療が医療で認められていてその1つが薬を使った予防治療です。

予防とは言っても「症状を軽くする、症状が出る期間を短くする、最盛期に使用する薬の量を減らす」などの効果が期待されています。

実績についてはまだ正式なデータはありませんが、約半数の方に症状の改善が見られ約70%の方になんらかのプラス効果(症状の短期化など)がみられました。

花粉症の初期療法の特徴は2週間前から行う事ができることです。

ですが、花粉の飛散時期が各地域によって異なっているため各情報機関のチェックが必要となります。

初期療法はプラスの面が多いのですが、なかには1度失敗してしまったという方もいらっしゃいますのではじめて行う方は注意してください。

 

効果を上げるために必要なこととは?


 
【受診時に症状を正確に伝える】
花粉症には主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの典型的な症状がありますが、どの症状が強いかは人それぞれです。

なので抗アレルギー薬もたくさん種類がありますので自分の症状にあったものを処方してもらう必要があります。

受診時には正確に伝えて下さい!

また症状の出はじめが比較的に遅い地域(2月後半や3月)はその事も医師に伝えておくといいでしょう。

 
【薬をきちんと飲む】
初期の段階では症状がまだないのでつい油断してしまって薬を飲まなかったりしてしまいがちです。

初期療法は最盛期の症状や使用する薬にも影響してきますので決められたとおりに薬を飲むようにしてください。

 
【市販の薬と併用しない】
花粉症の薬は市販でも販売していますが、自分の判断で使用しないでください。

その判断で大変危険なこともあり、反対に効果が出ないこともあるので必ず医師に相談するようにしましょう!

また市販の点鼻薬を使用する方もいるのですが血管収縮作用の成分を含む物も少なくありませんので長期間使用すると血圧などに影響を与える場合がありますので注意が必要です。

 
【日常のケアを忘れない】
初期療法と一緒に花粉症を軽減させる日常のケアも始めると効果的でしょう。

症状の程度にもよりますが、外出時にはマスクや帽子を着用したり、コートなどはブラシにかけてから家に入る、目や鼻、ノドを洗う、スチーム吸収などノドや鼻の粘膜をケアする事や掃除をこまめにして予防対策をとりましょう!

花粉はほこりと一緒に部屋に溜まりやすいんです!

※タバコやアルコールも控えて生活改善をはかることも最盛期を乗り切るためには必要です。



花粉症の薬について


 
花粉症の薬は眠くなるものが多くあります。

あなたもそれで苦労することがあるのではないでしょうか?

ですが、最近では眠くなりにくい薬も登場してきています。

・ アレグラEX(久光製薬)
・ ストナリンZ(佐藤製薬)
・ コンタック鼻炎Z(グラソ・スミスクライン)
・ アレジオン10(エスエス製薬)
・ サジテンAL(サジテン)
市販の薬で眠気が少ないのはこの5つです。

ですが、これより効くのが病院で処方されたものなので眠気が気になる方は医師に相談してみるといいと思います。

花粉症の症状あなたの症状が少しでも改善するといいなと思っています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ