2015年の勤労感謝の日はいつ?みんな何してんの?

スポンサードリンク

2015年の勤労感謝の日はいつ?


2015年勤労感謝の日は、11月23日(月)です。

いつ?」と気にする方が多いようです。

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。

1948(昭和23年)に公布・施行して以来、毎年11月23日が「勤労感謝の日」に制定されました。


2015年の勤労感謝の日はいつ

勤労感謝の日の歴史と由来


 
古くから日本では、農作物(五穀)の収穫を祝う風習があったそうです。

飛鳥時代の皇極天皇は皇居内で五穀を天神地祇にすすめ、天皇自身らもそれらを食す事で、その年の収穫に感謝する新嘗祭(にいなめさい)をいう行事を行うようになったそうです。

この新嘗祭は毎年11月の卯の日(11月23日)に行われてきました。

その後、新嘗祭は第二次世界大戦の日本の敗戦により、1948年に「勤労感謝の日」と名前を改名したそうです。

勤労感謝の日は、もともとは農作物(五穀)を祝う行事だったのですね~!私は文字通り、勤労している人たちに「感謝」をする日だとずーっと、勘違いしていました。。。

勤労感謝の日の歴史と由来

勤労そのものに感謝なのか?それとも勤労してる人に感謝なのか?どっち?


勤労感謝の日の日の趣旨は初めに述べたように、

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」

と書かれています。

注:“たつとび”とは、「重んじる、尊重する」と言う意味。

つまり、「頑張って働いている事を尊敬し、農業や工業などの生産などができている事をお祝いして、国民みんなで感謝しよう!」だったんです!

知っていましたか?私は恥かしながら、知りませんでした。

だから、勤労をしている人に感謝をする日では無く(勤労している人への感謝の気持ちはいつも持っていましょう~)、勤労そのもに感謝をする日なんですね~。
職種や待遇、その他もろもろ、もろもろ…考えるときりがないですね~。。。。
勤労そのものに感謝
この日カッコよくそー言うのは傍に置いておいて、この「勤労感謝の日」に、仕事を持っている!と言う事、自分自身に敬意払い、重んじ(少しかたくなりましたが。。笑)、感謝をするのはとても素敵だな~と思います。

皆さんも、自分も日本の社会に貢献しているんだ~!と改めて、気付くのも良いですね^^


勤労感謝の日には何をすればいいの?


勤労感謝の日には何をすれば

最近この日に働いてくれている人へ、感謝の気持ちとしてプレゼントをする事が多くなってきているみたいですね。

勤労感謝の日の日には、働いてくれている家族やパートナー、ご自身も働いているなら、自分自身にも感謝を

仕事をもって、健康で働いてくれているの事に私のパートナー絶大なる感謝をしたいです。

でも、家族みんなでそれぞれみんなの事を労いたいな~と思います。

その祝日の朝に、簡単な朝食を用意して、みんなで一緒にベッドの上でゆっくり朝ごはんを楽しむのも良い勤労感謝の日のスタートになるな~と、みんなへのサプライズ考えてみるのも楽しい♪

色々と特別なサプライズをと、考えたりしてみますが…普段は言えてない、「ありがとう」の言葉を、相手に直接伝えるのはいちばんのギフトかもしれないですね^^

スポンサードリンク

このページの先頭へ