夏フェス2015年の関東でおすすめなのは?

スポンサードリンク

関東の夏フェス!2015年の日程は?


 
【SUMMERSONIC 2015】

関東の夏フェス!2015年の日程

日時:2015年8月15日(土)9:00~8月16日(日)17:00

場所:千葉県千葉市美浜区 QVCマリンフィールド&幕張メッセ

最寄り駅:京葉線 海浜幕張駅

入場券:1日券¥15,500(税込)、2日券¥28,500(税込)、プラチナ券¥30,000(税込)

前日14日(金)には前夜祭【ソニックマニア】が開催されるので、3日間たっぷり楽しむ人も多い、関東を代表する大きな夏フェスです。

2000年に都市型フェスティバルとして開催され、大阪と同時開催されるのも特徴です。

続々と出演アーティストが発表されており、幅広いジャンルのアーティストを楽しめます。

 
【WORLD HAPPINESS 2015】

日時:2015年8月23日(日)12:30~20:00

場所:東京都江東区夢の島 夢の島公園陸上競技場

最寄り駅:京葉線 新木場駅

入場券:¥8,800(税込)、前売り券¥7,560(税込、レジャーシート付)

広大な森林に囲まれた会場では、個性的なバンドによる演出が目白押しです。

2014年はきゃりーぱみゅぱみゅも出演しており、今年もビッグアーティストの出演が注目されています。

夏フェスの中でも、大人から子どもまで、親子でも楽しめるフェスとして人気です。

 
【FUJI ROCK FESTIVAL’15】

日時:2015年7月24日(金)9:00~7月26日(日)17:00

場所:新潟県湯沢町 苗場スキー場

最寄り駅:JR東日本 越後湯沢駅

入場券:1日券¥16,800(税込)、3日通し券¥39,800(税込)

全国27都市からの会場直行ツアーや宿泊込みツアーがあるので、各県から簡単に足を運べるフェスとして人気です。

限定プランなどを含めて3,000コースの中から自分に合わせたプランを選ぶことができます。

日本のロックフェスティバルの先駆けとも言われており、近年はロックだけでなくジャズやDJミュージックなど200組以上のアーティストが楽しめます。

 
【ROCK IN JAPAN FES】

日時:2015年8月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)10:30~19:30

場所:茨城県ひたちなか市 国営ひたち海浜公園

最寄り駅: JR常磐線 勝田駅

入場券:2日券(8/1&8/2または8/8&8/9)¥22,500(税込)、4日通し券¥41,000(税込)

「ロッキン」とも呼ばれている、根強いファンが多い夏フェスです。

全15都市から会場直行ツアーや宿泊プランが用意されており、女性ひとりでの参戦も多いので、その場で“フェス友”ができるのも楽しみのひとつです。



2015年、関東の夏フェスの特徴とは?


関東の夏フェスの特徴
関東の夏フェスは関西・九州と比べても規模が大きく、出演アーティストも豪華なのが最大の特徴です。

2015年も関東の夏フェスでは出演アーティスト数が多く、東京や千葉などで毎週のように夏フェスが行なわれます。

また、会場が広く特設ステージが複数組まれるのも特徴です。

会場ごとに出演アーティストが異なり、時間も予定通りいかないことが多いので、計画をたてていても全てのお目当てのアーティストを見ることは不可能に近いと言われています。


お得情報や豆知識など


見たいアーティストの直前に会場に着いても、入場規制によって入ることができなくなってしまうことがあります。

特に人気のあるアーティストでは、タイムテーブルも確認してその前のアーティストから入場しておくことをおすすめします。

見たいアーティストの前が海外のマイナーアーティストだと特に狙い目です。

フェス参加者の流れを予想して、見たいアーティストは確実に見られるよう計画をたてておきましょう。

関東の夏フェス2015

また、夏フェスではお目当てのアーティストのTシャツやタオルを身につけて他のアーティストのライブに参戦するのはOKです。

むしろアーティストからすれば、ファンでもないのに自分のライブを見に来てくれたという嬉しさが大きく、自分の音楽をもっとアピールして興味を持ってもらいたいと思うそうです。

Tシャツやタオルがきっかけで同じフェス参加者と友達になるケースも多いので、普段着ではなくどんどんアーティストTシャツを着て行きましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ