2015年の花粉症の時期はいつまで?絶望しかない…

スポンサードリンク

あなたは、花粉症ですか?

2015年もこの時期になってくるともう始まっている人もいらっしゃって、目がシバシバして真っ赤になったり、くしゃみが止まらなかったり…人によってはそれよりもひどく病院に行かれる方もいると思います。

この時期は花粉症の方にとっては戦争です。

いつまで続くんだ…」と絶望する人もいることでしょう。笑

そこで今回は、花粉症についての記事を紹介したいと思います。

最近の花粉症はなっていない方でもなる可能性がありますのであなたも必見です!

hgfgbdfv

2015年、花粉症の時期はいつまで!?


 
【スギ・ヒノキ花粉期間】 主なピークは2月下旬〜3月下旬です。

なお、関東地方の方は4月下旬まで飛散している可能性がありますので注意してください。

 
【花粉の量】 2015年の花粉の飛散量は平年(2008年〜2014年)よりも平均的には1割増ですが、2014年と比べますと5割増となる予想です。

東日本がやや多く平年の3割増、西日本では平年と同じかやや少なくなる傾向です。

最も花粉の飛散量が多い地域が関東〜東海地方でこの地方が5割増となる可能性が大きいです。

一方の中国・四国・九州地方では花粉の飛散量が2014年と比べて半分になる地域もあるそうです。

これからが本当のピークとなってきます!

花粉症をお持ちの方は分かるとは思いますが、花粉症になりそうかなと思う人も早めの対策をお願い致します!

 

なぜ、関東・東海地方で多いの?


一般的にスギ・ヒノキはよく晴れていて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり雄花の生産量が多くなるという理由から前年の夏の気候との関係が大きいと言われていて2014年の夏は北海道や関東など東日本の太平洋側で晴れて暑い日が続きました。

これは東海上に中心を持つ太平洋高気圧の縁をまわって南から暖かい空気が流れ込んだ影響です。

一方の西日本(中国・四国・九州地方)では曇りや雨の日が多く平年よりも暑い日が少なくなりました。

なぜならば、太平洋高気圧の西への張り出しが弱かったためで特に8月頃に見受けられられ雄花の生育には不向きな気候だったのです。

「花粉症の時期はいつまで?」とつぶやく人たちw







意外と知らない、花粉症と風邪の違い


 
花粉症はくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどを引き起こし、まして急性気道炎(風邪)が流行る時期と非常に重なります。

なので、見分ける事は容易いものではありません。

ただ、一般的には風邪の場合に咳を伴っていて病院に行けば数日で完治しますし、その他細菌感染を合併したとしても鼻水は水状ではなく粘り気があり黄色くなったり緑になったりして、発熱・頭痛・のどの痛みが出てきます。

ですが、花粉症の場合でも発熱・頭痛・のどの痛みがあることがあり、本当の違いは調べてみないと分からないのです。

なので調べてみました。

風邪の人と花粉症の人の鼻水を調べると一目瞭然で花粉症の患者さんの鼻水はアレルギー反応時に見られる好酸球という物質が見られますが一方の風邪では好中球とよばれる細菌の感染時に見られる物質が鼻水の中に存在します。

気をつけなくてはならないのが、花粉症の患者さんが風邪を引くことです。
風邪を引いても花粉症の症状だとみて放置し悪化してしまうケースがありますので何は無くても病院への受診をオススメします。

一般の人が見分けるのはやはり咳が出るか出ないかだと思います!

OZP86_kahunsyounokisetudesune500

花粉症はもはや国民的な病気です。

この時期の花粉症の方々は本当に辛いと思います。

現代では花粉症になっていなかったのになってしまうことが多々あります。

これからが本当の大量飛散の時期です!

症状は人それぞれですが、対策を万全にして今年も乗り切りましょう!

花粉症と戦って絶対勝ちましょう!

2015年、あなたの勝利を信じています。

ですが、花粉症と風邪は一緒に引いてしまうと大変なので体調管理もきちんとしておきましょうね♪

スポンサードリンク

このページの先頭へ