花火大会の持ち物リスト!これを忘れるとヤバイことに

スポンサードリンク

花火大会には、準備が必要です。

せっかくの花火も、例えばティッシュを忘れて汗だらだらで見たら、楽しさも半減してしまいますよね?

そこで、持ち物リストをつくってみました。

花火大会の持ち物リスト!これだけは持っていけ

花火大会の持ち物リスト
・タオル&ティッシュ

真夏の花火大会にタオルは必須アイテムです。

特にデートで、汗を手や洋服でぬぐうのはNGです。

また、どの花火大会も公衆トイレやコンビニのトイレのトイレットペーパーが不足します。

人の混雑を避けるために、最初からトイレットペーパーの予備を置かないようにしているコンビニもあるほどです。

そんな時に役立つのがポケットティッシュです。

タオルとティッシュは必ず持って行きましょう。

 
・ウェットティッシュ

タオルやティッシュとは別に、ウェットティッシュも必須です。

出店で買ったかき氷や焼きそばを食べた後に手がべたべたになってしまった経験はありませんか?

ウェットティッシュがあればそんな不快感もすぐになくしてくれます。

 
・虫除けスプレー

真夏の河川敷は蚊の被害が多く、せっかくの花火大会も台無しになってしまいます。

虫除けスプレーはみんなでも共有できますし、最近では首から吊り下げるタイプのものもあります。


花火大会であると便利な持ち物リスト


・折り畳み傘

夏は突然のゲリラ豪雨が多く、天気予報で晴れだったのに急に雨が降り出すことも珍しくありません。

花火大会は河川敷で行なわれる場合が多いので、近くに雨宿りする所もないため折り畳み傘はいざという時にとても便利です。

100円ショップで売ってあるような簡単なもので良いので持っていくと安心です。

 
・防寒着

花火大会の会場が海や川沿いであれば、防寒着を持っていくと便利です。

特に女性は座って観覧する際のひざ掛けにもなりますし、花火の火の粉を避けるのにも役立ちます。

 
・制汗剤

制汗スプレーや制汗シートは、蒸し暑い真夏の花火大会で重宝します。

特にデートの際は、お互いのエチケットにもなりますし良い香りがして印象も良くなりますよね。

 
・ビニール袋

出店で買った食べ物のゴミを路上に捨てるのだけは絶対にしてはいけません。

出店の横に置いてあるゴミ箱もすぐに満杯になってしまい、ゴミの山が倒れないようにわざわざ捨てて行く人もいますよね。

そんな時に便利なのがビニール袋です。

自分で出したゴミは自分で持ち帰りましょう。

ビニール袋を小さく折りたたんでおけばかさばらず、荷物にもなりません。

 

花火大会の意外な注意点とは?


花火大会ではほとんどの人が出店で食べ物を買うと思います。

そんな時に注意しておきたいのが小銭です。


ほとんどの出店が500円や700円で売られており、小銭が必要ですよね。

そんな時に限って財布の中に大きいお札しかないとなると、人ごみのなかでお札と小銭のおつりをもらうのはとても面倒です。

また、忙しい出店の店員さんの手間にもなってしまいます。

忘れがちですが、事前にお札を崩しておいて小銭を多めに持っていくと必ず役にたつでしょう。

花火大会の意外な注意点

また、忘れがちですが携帯の充電は事前に満タンにしておきましょう。

一緒に行った人と離れてしまった際の連絡手段は携帯電話のみです。

会場を確認したり交通情報を調べたりしているうちに、充電はあっという間に減ってしまいます。

念のため電池式の充電器まで持っていっておくと安心です。

全国の花火大会ランキング!打ち上げ数がダントツなのは…

スポンサードリンク

このページの先頭へ