大國魂神社くらやみ祭り2015年!屋台もすごい

スポンサードリンク

くらやみ祭りと聞いて闇鍋のようなものが想像できてしまった人は少なからずいると思います。

私もその一人ですが、そんな怖そうな行事ではありませんよ!

れっきとしたお祭りです。

今回はそんな恐怖すらかき消すくらいくらやみ祭りについてご紹介します。
大國魂神社くらやみ祭り2015年

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)2015年くらやみ祭り


【期間】2015年4月30日〜5月6日
【場所】東京都府中市の大國魂神社
東京都府中市宮町3-1
【交通アクセス】 車:中央高速道路国立府中ICから約10分
           中央高速道路調布ICから約15分
         鉄道:京王線・JR南武線・JR武蔵野線
            府中本町駅から徒歩約5分
屋台期間】 5月3日〜5月6日
(チョコバナナ・タイ料理・金魚すくいなど約500店)日本一です!
【会場】 大國魂神社境内
【時間】9時〜17時





2015年の開催スケジュール

 
【4月30日】 品川海上禊祓式
汐盛りと呼ばれる神事であり、神職一行が品川海上にて身を清め、その清めの汐水を神社に持ち帰り大祭期間中の朝夕潔斎時にはこの汐水を使用する。
 
【5月1日】 祈晴祭 午前9時30分
大祭期間中の安全と雨が降らないことを祈る祭典。
 
【5月2日】 御鏡磨式 午後7時30分〜午後8時
御輿につける鏡8枚お塩で磨き清める儀式で現在は磨いた後本殿に納める。
 
【5月3日】 山車の競演 午後6時〜午後8時
欅並木に山車が約8台出てはやし立てます。

競馬式 午後8時
旧甲州街道を一之駒から六之駒まで6頭が150mを3往復する。
 
【5月4日】 御綱祭り 午前9時
御輿に飾りの網をかけて御輿をお祝いする祭典。

萬燈大会 午後12時30分〜午後2時
昭和54年(1979年)からはじめられ、それ以前は各町内子供御輿のあとに付いていた。

現在は地元の青年会が中心となって、毎年力強さと技術を競い合っています。

子供御輿渡御 午後1時30分
子供御輿約20基をお祓いし、その後子供御輿が参道からけやき並木へと町を練り歩く。

太鼓の響宴 午後5時〜午後6時
日本最大級の大太鼓が神社大鳥居前にそろい力一杯府中の空に太鼓の音を響かせる。

山車の巡業 午後6時〜午後9時
大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を中心に市内から24台の山車が囃子と共演しながら巡行する。

幻想的な風景が見れます!
 
【5月5日】 例祭 午前9時
年中行事で最も大切なお祭りです。

道清め 午後1時30分
御輿や太鼓の通る道をお祓いして歩く行事です。

太鼓送り込み 午後2時30分
御先祓大太鼓をはじめとする各宮の大太鼓が各町内から随神門内と拝殿前に送り込まれる。

約1時間ほどの間、威勢よく打ち鳴らされるので見ておく価値アリです。

宮乃咩神社法奉弊 午後3時
境内の摂社宮乃咩神社に行き奉弊を行う。

御饌催促の儀 午後3時30分
動座祭
神饌を催促し御輿を移す事を神事に報告する儀式です。

威儀物授与 午後5時20分
御霊遷の儀
刀や弓を渡し各御輿に本殿から御霊を移す神事。

御輿渡御 午後6時(くらやみ祭りのメイン)
花火の合図とともに6張の大太鼓が打ち鳴らされ祭り最大の見物で、上にあった映像そのものが見れます。

そのあとは、坪宮奉弊 午後8時30分、野口仮屋の儀 午後10時30分、やぶさめの儀 午後11時です。
 
【5月6日】
御輿還御(おかえり) 午前4時〜午前8時
鎮座祭 午前9時(非公開)
大太鼓に導かれ巡行したあとは午前7時30分までに境内に還り午前8時までには8基全ての御輿が参道に揃います。

そして還って来た御輿から御霊を本殿に納め大祭が無事終了した事を報告しこのくらやみ祭りが終了するというスケジュールです。

 

大國魂神社くらやみ祭りの屋台


このイベントでも有名なのは、屋台ですよね。

2015年ももちろんありますが、生の声をきいてみましょう。

くらやみ祭りの本当の目的


本当の目的は、五社の男神が六所神社の女神・櫛稲田姫命と対面するという神婚説話の農耕予祝をする祭りなのである。

前身は国府祭。

くらやみ祭りは男性の活気に溢れていますね!

前のイメージが全て消えました!

老若男女が楽しめるお祭りで日本一の屋台の露店も家族で楽しめると思います。

あなたも是非、足を運んでみては?

スポンサードリンク

このページの先頭へ