ATMとCDの違いが面白いw

スポンサードリンク

私たちがコンビニなどでお金を引き出したり、
預け入れたりする時には「ATM」を利用することが多いでしょう。

しかし、海外などではこのATMがCDと呼ばれていることもあります。
これはどちらも同じような装置で、
意味合いも認識もほぼ共通ですが、具体的な違いはあるのでしょうか。

ATMとCDの違い

atm

ATMは「Automated Teller Machine」の略で、
CDは「Cash Dispenser」の略です。

この内、Tellerという単語には銀行の窓口という意味が込められており、
人の代わりに機械がその取引を代替してくれるものという意味がATMに含まれています。

CDは現金の自動支払機という意味が強く、
現金の引き出しや通帳記入、残高確認などしかできないものを指します。
そのため、一般的にコンビニにおいてあるものは正確にはCDであり、銀行にあるようなものがATMと言われます。

近年はその違いは曖昧になっており、総じてATMと呼ぶようになっています。
しかし、現金自動預け払い機とも言われるようなものは利用できるサービスが少ないこともあり、
海外ではそれぞれを区別している場合もあります。

海外旅行などに行く時には知っていると困らずに済むかもしれません。

 

ATMの特徴

キャッシュカード

ATMは主に現金の引き出しと入金、
他にも口座開設やローンの返済など機能が多いものを指す場合が多いです。
コンビニやスーパーの所定の場所に置かれていることも多く、
それぞれの銀行に合わせた端末が配置されています。

 

CDの特徴

CDは、現金の払い出しが主な機能で、
入金などもできないことが多いです。

残高照会は可能なものが多いですが、出金するのみのものがCDという認識でよいでしょう。

近年はそのような機能のみの端末は少なく、
多くの機能を備えているため、CDと呼べるものは少ないでしょう。

 

端末利用時の注意

ATMに一般的に書かれている注意書きでもありますが、キャッシュカードの差込口に怪しい端末が入れられていると、
カードの情報を抜き取って悪用されてしまうため、
カードを入れる前には危険なものがないかよく確認する必要があります。

また、現金が口座に入っていないと出金できないこともあれば、ATMやCD内の現金が不足しても出金できなくなります。

必ずいつでもお金が引き出せるわけではないので、異常があればすぐに店員に伝えて対処してもらうようにしましょう。

詐欺

端末によっては使用している銀行がATMからでは利用できないこともあり、地方銀行の場合には特に注意が必要です。
さらに、引き出す際の手数料もATMを運営する会社によって異なっています。
数百円の違いでも、回数が重なれば大きく影響するのでできるだけ節約できるようにしておくとよいでしょう。

 

ATMもCDもさほど違いはないですが、
手数料や対応している銀行なども把握して賢く使えると良いですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ