淀川河川公園背割堤地区の桜!2015年はどう?

スポンサードリンク

京都は醍醐寺だけではありませんよ。

あなたは、淀川河川沿いにも一ついい桜の場所がある事をご存知ですか?
淀川河川公園背割堤地区の桜!2015年
そう、淀川河川公園背割堤地区の桜です。

ここは、桜並木がトンネルのように重なっていてジョギングや散歩の方々で賑わっています。

今回は、淀川河川公園背割堤地区の桜をご紹介いたします。

 

2015年淀川河川公園背割地区の桜


 
【開花】 2015年4月上旬〜中旬
京都府京都市の開花予想が3月26日、満開が4月4日なので八幡市は少し遅く咲く予想です。

見頃はやはり2015年4月1日からの上旬にかけてだと思います。

花見は2015年4月6日頃までは楽しめるでしょう!

【桜の本数】 約250本
【距離】 1.4㎞











オススメ情報

【八幡桜まつり】のお知らせ

期間:4月1日〜4月12日

時間:9時〜17時

イベント内容:飲食店、土産物店、ジャグリングショー、桜のお話ツアーなど

※ シートをひいてのお花見は可能ですが、ゴミの処理をお願い致します。

 

淀川河川公園背割堤地区の桜の由来

昭和50年初めまではここは松並木の名所として知られていました。

別名「山城の橋立」とまで名を叫ばれるほど有名だったそうですが、害虫の被害に遭い松が全滅し、1987年に桜に植え替えられたんですよ。

今、こうして桜が咲いているのは上記の歴史があったからなんです。

全滅してしまった松ですが今のこの桜を土から支えているかもしれませんね!

松は全滅してしまい、嫌な事だったと思いますが今は桜に植え替えて皆さんの憩いの場になっていて本当に喜ばしい事だと思います♪

あなたもここに松が植えられていたという事を思い出しながら桜を見てあげて下さい!

きっと木も喜ぶと思います。

 

交通アクセス

【場所】 京都府八幡市八幡在応寺


車:名神高速道路大山崎ICから約5分
  京滋バイパス御山淀ICから約10分
  第2京阪道路八幡東ICから約20分

駐車場:有料 普通車 1,000円
臨時駐車場はかわきた自然運動公園

鉄道:京阪本線八幡市駅から徒歩約10分

 
なお、ライトアップはしておりませんのでご注意下さい。

いやー、いい桜が咲くところにはやはり歴史がありますね。

あなたはどう思いますか?

あなたが見ている桜にもいろんな歴史が隠されているかもしれませんね!

淀川公園背割堤の桜にも歴史があったとは意外でした。

昔からだたそこに植えてあっただけではなかったんですね!

春の淀川が淡いピンク色に染まる時期にぜひあなたも訪れてみてはいかがでしょうか?

訪れを待つ桜並木がいまそこにありますよ♪

スポンサードリンク

このページの先頭へ