サイコパスとは何か?その意味に迫ると、診断の罠にたどり着く

スポンサードリンク

サイコパスとは、
精神病質者のことをいいます。

ちなみに精神病質とは、
異常心理学で使われる言葉です。

反社会的人格の一種であり、
一般的に言われている普通の人格とは感覚などがまるで違います。

先天的な脳の特徴ともいうことができ、
サイコパスだから凶悪犯になる…ということではありません。

サイコパスとは何かその意味に迫る

サイコパスの特徴は?


・良心や善悪の判断がなく、自分の利益を優先する。

・罪悪感を感じることがない。

・自分の目的のために合理的に動くので、表面的には魅力的なことも多い。

・他人に全く共感しない。

・他人や自分に対して愛情がなく、よく嘘をつく。


サイコパス診断の罠


サイコパスは一般人からすると異常ではあるが、
パーソナリティ障害と位置づけられている。

「もしかしたら、あの人サイコパスかも!?」
などと感じて、
近年はインターネットでサイコパス診断やチェックテストなどをする人が増えているが、
実際には専門家が個別に面談しなければ、
サイコパスかどうかを判断することは難しい。

ただの自己愛の強い人間だという可能性もある。

サイコパス=悪というわけではないので、
その辺を適切に理解して、行動していくことが大切ですね。


ちなみに、
悪の教典という小説がありましたが、
その主人公もサイコパスでした。
彼は表向きは非常に人気のある生徒ですが、
それは心理学などを駆使して表面的に生徒たちから好かれ、
その裏では自分の目的のためだったら手段を選ばない…という二つの顔をもつ男。

映画では伊藤英明さんが熱演されていましたね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ