醍醐寺の桜!2015年も花見行列がすごい

スポンサードリンク

2015年醍醐寺(だいごじ)の桜と花見行列


 
京都は昔ながらの情緒あふれる場所で春夏秋冬さまざまな景色を私たちに見せてくれますね。

今回は、春夏秋冬でも春の方で醍醐寺の桜をご紹介いたします。

醍醐寺の桜!2015年も花見行列がすごい

京都醍醐寺の桜基本情報2015年


 
〈場所〉 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

〈期間〉 3月下旬〜4月上旬
京都の開花予想
開花 2015年3月27日  満開 4月4日
見頃は4月3日〜4月5日でしょう!

〈主な種類〉 シダレザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラ・ヤエザクラ・ヒガンザクラ
〈本数〉 約1000本
〈時間〉 9時〜17時
〈休み〉 年中無休
〈料金〉 三宝院、霊宝館、上醍醐 各600円
※2カ所共通券・3カ所共通券あり
〈桜まつり〉 4月12日(日) 豊太閤花見行列



アクセス

車:名神高速京都東ICから府道35・36号経由8㎞20分
  阪神高速山科IC出入口から約15分
〈駐車場〉 約100台 5時間で700円
春の桜の期間中は道路が渋滞いたしますので公共交通機関をご利用下さい!

鉄道:JR山科駅から京阪バス六地蔵行きで約20分
   JR京阪六地蔵駅から京阪バス山科行きで約15分
バス:醍醐寺前下車、徒歩すぐ
地下鉄:京都市営地下鉄醍醐駅から徒歩約10分






さすが、京都ですね!

印象強い光景が写真ですが圧巻です。

私、あまりの凄さに一瞬時が止まりました。

 

京都醍醐寺の桜にまつわるお話


 
京都の醍醐寺は、真言宗醍醐派の総本山で京都で最も古い木造建築物である五重塔があります。

私も中学校の修学旅行でバスの中からではありますが拝見しました!

一山の総門から仁王門までの間を桜の馬場と言い、春には道の両脇に植えられたシダレザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラなど約1000本の桜が咲き誇ります。

醍醐寺の桜は慶長3年(1598年)春に、太閤である豊臣秀吉が秀頼、北政所、淀殿など約1300名を従えて醍醐の花見を催した事でも有名です。

また、醍醐寺は古都・京都の文化遺産として世界遺産にも登録されてるんです。

どうでしょうか?

京都の春・醍醐寺の桜。

行ってみる価値は絶対にあると思います!

私も修学旅行で通り過ぎてしまったのを今、悔やんでいます。

いつか必ず見たいです!

それに京都は歴史もありますし食材やお菓子も有名な物がありますね♪

 
歴女にはたまらない場所だと思います。

私も修学旅行で新選組巡りをグループでしました。

でも今は、中岡慎太郎が一番です!

京都は行っても絶対に飽きない場所で京都の人達は優しく暖かいので京都に行った際は人情にもぜひ触れてみてくださいね♪

あなたのお越しを京都の人、歴史、食、そして醍醐寺の桜が待っていますよ!

スポンサードリンク

このページの先頭へ