競泳水着とフィットネス水着の違いはなんでしょう?答えは…

スポンサードリンク

水泳は健康に良いとよく耳にしますし、ダイエット目的で近くにプールに通って見ようかと思っています。

そこで、水着を新調しようかと、スポーツ専門店に出掛けて水着をチェックしてみたのですが、昔と違って水着の種類の多さに驚いています。

ダイエットを目的にする水着には、どんなものが良いのか迷ってしまいました。
競泳水着とフィットネス水着の違い
そこで、競技用水着フィットネス水着ってどこに違いがあるのか?気になり始めて、調べて見る事に…。

競技用や、ダイエット以外にも、夏のレジャーとしても水着は欠かせないですよね。

種類も、デザインも、使われている材料等も、とてもさまざまな水着があります。

 

競泳水着とフィットネス水着の違い(用途など)


 
さまざまな水着の分類は、用途により素材やデザインも違って居ます。

一番多く目にするのが、運動、競泳用の水着でオリンピック競技などに使われている物と思いますね。

運動目的や共栄用の水着と言うのは、機能性を重視して考えられた水着です。

競技用の水着の特徴は、身体にフィットする物が良いと言われています。

遊泳やレジャーとしての水着は、夏の海辺やプールで遊ぶ目的で考えられた水着になります。

この水着は。速く泳ぐ事を目的とされていないで、基本的にデザイン重視の水着です。

夏の海部やプールサイドで楽しめるデザインですね。

また、スクール水着と言って、学校の授業の一環で着用するために考えられた水着です。
競泳水着の歴史
 

競泳水着の歴史


 
競技を目的として着る水着の事です。

昔からある、浜辺で着るワンピースやセパレート水着とは違い、競技用はスピードを出せる様に、水の抵抗を抑えられるように考えられています。

最近の、競泳水着はかなり水の抵抗がすくない物が研究がされています。
doklkfe
海水浴が行われるようになった、⇑ 19世紀の女性用の水着と言うのは、現在の水着とは想像がつかない様な水着でした。

どちらかと言うと、長そで上着の袖を短くし、ズボンを短めにした様な物でした。

速く泳ぐ…、そう言った考えから、水の抵抗を出来るだけ少なく出来るように考えられて来たのです。

競泳用水着も、ハイレグ風時代もありましたが、今の水着は太ももは覆い、肌の露出が少ない水着に変わっています。

また、素材や生地の模様なども、水の抵抗を出来るだけ減少出来るように工夫し、肌露出を少なく全身を包み込むような水着になっています。

 

フィットネス水着とは何か


 
フィットネス水着の場合は、生地自体が伸縮し易く、やわらかく、フィットするので、泳ぎやすく作られています。

日頃身に付けている服とは違い、伸縮を前提に考えられている事で、サイズ感は違うので自分の身体の採寸はしっかりとする事が必要です。



少し太り気味な方の場合には、着用面積が多い為に着脱時には大変かも…?です。

種類は、ワンピース、セパレーツ(トップとボトムが分かれたタイプ)、とオールインワン(上下一体型でレッグが少し長め)等があります。






水着の豆知識


 
洋服の場合と違い、水着の場合には、生地の厚さには関係なく全体に伸縮性があります。

ジェクサーにて

使用後の水着のお手入れは、丁寧に手洗いして、陰干しにするのが良いですね。

競泳専用水着の場合は、生地もとても薄くて弱いので、洗濯機や直射日光は避けて下さい。

水着のサイズ選びで、どちらにしようかと迷った時は、1サイズ小さい(水着は良く伸びるので)位で丁度良いです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ