2015年の敬老の日はいつ?実は…

スポンサードリンク

2015年の敬老の日はいつ?


 
今年、2015年の敬老の日は、9月21日の月曜日です。

もともと9月15日で固定されていた敬老の日が、ハッピーマンデー制度が導入されて以来、9月の第3月曜日になりました。

2015年の敬老の日はいつ?

これにより、6年ぶり2度目!の2015年大型連休第2弾!!

「シルバーウィーク」が9月にやって来ます!

その理由は、今年の第3月曜日の2日後の水曜日が秋分の日になると言う事と、両者に挟まれる火曜日が休日となり、ゴールデンウイークにつぐ大型連休「シルバーウィーク」が誕生する理由になったのです!!

 

敬老の日とは?由来を解説


 
敬老の日は、父の日や母の日次にくる敬老の日はおじーちゃんやおばーちゃんへの感謝の気持ちを表す日だけだと、ただ何となく思ってるのではないでしょうか。

敬老の日はその名の通り、国民の祝日に関する法律によれば、“多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う”ことを表しているようですが、その由来に関しては実は2つの俗説があるらしいのです。

敬老の日とは?由来

兵庫県で使われていた「としよりの日」が敬老の日の由来?!


昭和22年頃に兵庫県の野間谷村で、村長さんや村の偉い方達が収穫期にもあたる9月15日を「としよりの日」と決め、それから全国に広がったと言う由来も。

二つ目は、聖徳大使が建てた老人ホーム“悲田院”、を開設した日が9月15日と言う由来もあるそうです。

 

養老の滝と聖徳太子が関係していた?


 
敬老の日の事をもう少し詳しく調べていくと面白い、二つの説が目に映ります。それは、「養老の滝」と「聖徳太子」の二つの説にぶつかります。

はたして、それは…?

一つ目の説は奈良までさかのぼります。

奈良時代に聖徳太子が“悲田院”と言う、お年寄りや体の不自由な人を救うために施設を開いたのが、9月15日だと言われています。

二つ目の説は、元正天皇が岐阜県の“養老の滝”へ行った際に、霊亀3年を養老元にして、高齢者に贈り物をしたと言う説。

でも、二つの説はあくまでも俗説で、「敬老の日(9月15日)」が誕生する由来を示しているわけではありません。

養老の滝と聖徳太子

 

敬老の日は皆、何しているの?


敬老の日は皆、何しているの?

“今年は敬老の日=シルバーウィーク!”と、直ぐに頭にイメージがうかんだのではないでしょうか?

2015年は6年ぶり2度目の大型連休、シルバーウィークが敬老の日をはさみ、5連休がやってきます!

これを逃すと次のシルバーウィークは、2026年になってしまうそうです。

皆さん、私も含め、頭の中は既に“シルバーウィーク=連休=旅行!”の連想ゲームになってしまって、敬老の日が消えてしまっていませんか?笑。

連休の旅行の計画を立ててしまった方はしょうがないですが(でもその前にでも!)

…この機会におじいちゃん、おばあちゃん、近くのお年寄りやいつもお世話になっているお年寄りの方に感謝するチャンスです!^^

感謝の気持ちを込めてその方の好きなスウィーツ&お花を持って行くのはどうでしょう。

田舎に住んでいる祖父母を訪ねて行くのもすごく喜ばれると思います。

大型連休で自分の為の思い出を作る前に、敬老の日で誰かの為に思い出を作るのは違った喜びの、素敵な思い出になると思います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ