昭和の日とみどりの日の違いが意外と複雑w

スポンサードリンク

昭和の日とみどりの日の違いは?


 
現在、4月29日は「昭和の日」、5月4日は「みどりの日」と制定されています。

では、違いはあるのでしょうか?

 
2007年までは4月29日がみどりの日でしたが、昭和の日へ変更になってからは国民の休日だった5月4日がみどりの日となりました。

昭和の日とみどりの日の違い

昭和の日は“昭和の時代を忘れず、国の将来へ思いをはせる日”という意味です。

みどりの日は“自然に親しみ、自然の恩恵に感謝し、豊な心を育む日”という意味です。

違いはありそうにみえますが、実は一緒なんです。

その理由を次に説明していきましょう。



 

みどりの日が昭和の日に名前が変わった?


 
1988年まで、4月29日は「天皇誕生日」でした。

ところが1989年、年号が平成に変わったことで4月29日は天皇誕生日ではなくなりました。


昭和という時代に革命をもたらした昭和天皇の誕生日をどうにかして残そうと考え、「昭和の日」として祝日にしようという動きが始まりました。

しかし当時は「昭和の日」という名前に対して反対意見の方が多かったため、とりあえず「みどりの日」として無理やり祝日としたのです。

みどりの日は2000年に「昭和の日」へ変更するよう、正式な議案が提出されました。

これが2005年の国会で成立し、実際に制定されたのは2007年のことです。

とんちみたいな話ですが、元々は一緒で、今は日にちが「違い」…ということなんですね。

 

みどりの日はどこへ消えた?祝日と祭日の違いとは?


現在、みどりの日は5月4日と制定されています。

昭和の日が制定されるまでは、「祝日と祝日に挟まれている日は休日とする」という国の規定があったため5月4日は「休日」でした。

5月3日が憲法記念日、5月5日がこどもの日です。

しかし2007年に正式に4月29日を「昭和の日」と制定したため、みどりの日は5月4日へ移動されて「祝日」扱いになったのです。

 
国民の祝日

国民の祝日とは、国会で定められた意味のある日のことです。

年のはじめを祝う1月1日から天皇誕生日の12月23日まで、2015年現在で15の祝日があります。

2016年には8月11日が「山の日」となるため、数は16になる予定です。

国民の休日とは、国民の祝日が日曜日となってしまった場合に振り替えとして休みになる日(だいたい祝日の次の日の月曜日となることが多い)、または祝日と祝日に挟まれた日のことです。

よって、国民の休日はその年によって数が異なります。

国民の休日
 

昭和の日とみどりの日をわかりやすく子供に説明する方法とは?天皇が違う?


現在の昭和の日とは、昔は昭和天皇の誕生日でした。

昭和天皇が亡くなったことによって年号は平成になり、天皇誕生日は12月23日となりました。

しかし戦争後の復興と日本の大きな飛躍となった昭和時代を忘れないようにと、人々は「昭和の日」として祝日を残そうとしました。

しかし「昭和の日」という呼び方に対して反対意見の方が多かったため、昭和天皇が植物に興味を持ってあり自然を愛していたことから『緑』という単語をつかって「みどりの日」としたのです。
みどりの日

みどりの日の移動

その後の国会によって正式に「昭和の日」という呼び方が採用され、「みどりの日」は「昭和の日」となりました。

そして「みどりの日」は一番近い国民の休日へ移動され、5月4日に制定されたのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ