端午の節句 !菖蒲湯を頭に巻くとどうなる?驚きの効果が

スポンサードリンク

端午の節句で菖蒲湯を頭に巻くとどうなるの?


 
端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも言われ、昔から厄除けのために使われていました。

菖蒲湯につかりながら菖蒲の葉をはちまきのように頭に巻くと、頭がよくなると言われています。

また、お腹にまくと健康になるとも言われています。

地域によっては菖蒲を枕の下に入れて寝て、翌日に菖蒲湯をたてて無病息災を願うという方法もあるようです。

子供の遊びでは、菖蒲の束を刀にみたててちゃんばらごっこをし、邪気を払ったり鬼退治に見たてたり、武道上達を願ったりしていました。

現在は北陸地方を中心に無病息災を願う「菖蒲祭り」が各温泉で開催されています。



 

菖蒲湯の効能とは?


 
お風呂に菖蒲の茎を入れることで、血行促進や保温効果が期待できます。

菖蒲にはたくさんの精油が含まれており、皮膚に触れることで刺激されて血の流れが良くなるのです。

また鎮痛作用もあり、腰痛や神経痛にも効果があると言われています。

菖蒲は漢方の分野でも注目されており、胃薬や鎮痛剤として利用されています。

菖蒲の強い香りはアロマテラピーになりリラックス効果もあります。

そういった理由から、頭に巻くことでも効果がある…とわれている所以なのですね。

端午の節句と菖蒲湯

 

菖蒲湯の歴史

 

端午の節句が中国から伝わってきたように、菖蒲の由来も中国から伝わってきています。

中国では病気を払う薬草として使われており、中国の人々は健康と長寿を願うために使っていました。

端午の節句が日本に伝わってきたころ、同時に中国での菖蒲の意味も伝わってきたといわれています。

今では10~20本くらいの束を湯船に入れていますが、昔は湯船が菖蒲で見えなくなるほど入れていたそうです。

江戸時代に書物にも「諸人菖蒲湯に浴す」と記されていたり、庶民が利用していた銭湯も5月5日のみ「五月五日菖蒲湯仕候」と張り紙がだされて銭湯のお湯が菖蒲で埋め尽くされていたりしたそうです。
 


ここで、少し口コミ情報も見ていきましょう。
 







 
菖蒲にはアヤメ科のものとサトイモ科の2種類があります。

アヤメ科の菖蒲は花菖蒲と呼ばれ、きれいな花を咲かせます。

菖蒲湯に使う菖蒲はサトイモ科の方です。

強い香りがあることから邪気を払うことができるという言い伝えがあります。

元々は5月5日の端午の節句に、厄払いとして菖蒲がそれぞれの玄関先に飾られていました。

やがて菖蒲が「勝負」や「尚武」という言葉にかけられるようになりました。

男の子の節句にちなんで強い子に成長するよう、菖蒲が肌に直接触れるお風呂に入れられるようになったのです。

菖蒲湯の歴史

 

さらに…葛根湯をお風呂に入れる!

 

菖蒲の香りは葉からしてきます。

葉と、血行促進に効く茎と一緒にして10本ずつくらいで束にして湯船に浮かべます。

湯船に水を張った状態で菖蒲を入れてからお湯をわかすと、浴室内がより香りが強くなってアロマバスにもなります。

給湯式の場合は、浴槽に何も入っていない状態から先に菖蒲を入れてお湯を溜めると良いでしょう。

あとはそのままいつも通り入浴するだけです。

gfghh

また、菖蒲の葉をハーモニカくらいの長さに切り、横に持って息を吸い込むとピーっと音が鳴ります。

子供と一緒に楽しみながら菖蒲湯に入りましょう。

端午の節句の飾りの時期!これだけは守れ

スポンサードリンク

このページの先頭へ