端午の節句の飾りの時期!これだけは守れ

スポンサードリンク

端午の節句の飾りの時期は?

節句とは季節の節目のことです。

端午の節句の場合は、3月20日の春分の日を目安に、4月中旬くらいまでには飾りを出します。

飾りの時期は遅くても4月29日の昭和の日までには飾り終えておきましょう。

4月の中旬を過ぎると飾れる期間が短くなってしまいますので、3月末~4月初旬には飾り終えるの家庭が多いようです。

飾る日は大安にこだわる必要はありませんが、よく晴れた日を選びましょう。

地域によっては、早ければ早いほど良いとされている所もあります。

男の子のお祝いということもあり、武士との関係から先手必勝を意味しているようです。

また、こいのぼり、兜、ともに飾る方角に決まりはありません。

男の子の節句

 

いつしまえばいいの?飾りをしまうのが遅れたらどうなるの?

正式に片付ける日は決まっていませんが、5月の中旬頃までが目安です。

梅雨に入ってしまうと雨や湿気が増えますので、人形などの片付けには適していません。

日本と子どもの日

5月5日をすぎたら、よく晴れている日を選んで早めに片付けましょう。

雛人形は早く片付けないとお嫁に行くのが遅くなるという言い伝えがありますが、端午の節句の飾りに関してはそのような言い伝えはありません。

また、縁起をかつぐために大安を選んで片付ける人が多いようです。

五月人形と兜は装飾品などがバラバラにならないようひとまとめにして収納します。

長い期間外に飾っていたこいのぼりは汚れを落として充分に乾燥させてから、たたんで収納します。

 

端午の節句の飾りの時期は何歳までなの?兼用できる?

飾りは男の子の健康と成長を願って飾りますので、何歳までという決まりはありません。

目安としては小学校まで、という家庭が多いようです。

こいのぼりは外に飾るということもあって大きくなると恥ずかしがる子どももいますが、五月人形や兜は室内に飾りますので、お守りの意味で毎年飾るのが望ましいです。

鎧兜
注意点

注意しなければならないのは、端午の節句の飾りは兼用してはいけません。

“その子ども専用のお守り”として贈られたり飾られたりするので、男の子ひとりひとりに、それぞれ節句の飾りが必要です。

男の子それぞれに親や親戚の願いを込め、人形はその子専用の厄を背負ってくれるものですので、別物として飾りましょう。

次男や三男が生まれた場合は置き場所や金額の問題もあるかもしれませんので、長男よりも少し小さめの人形や兜を飾ることは良いとされています。



しかし地域によっては人形を代々受け継いでいく習慣がある場合もあります。

家族や親戚に確認して話し合っておきましょう。

また、兜や鎧は1年を通して飾ったままにしておくことも可能です。

五月人形は季節感もあるため飾ったままは良くないとされていますが、兜や鎧は飾ったままにして眺めて楽しむ方法もあります。

男の子のお守りという意味もありますので、年中飾っておくのも良いでしょう。

端午の節句 !菖蒲湯を頭に巻くとどうなる?驚きの効果が

スポンサードリンク

このページの先頭へ