こどもの日の由来を子供に説明するために絶対に必要なこと

スポンサードリンク

こどもの日の由来を子供に説明する


 
「こどもの日」って何?
 
子どもの日とは、「こどもの人格を重んじて、子どもの幸福を願うとともに、産んでくれた母にも感謝をする日」とされており、男女の区別なくお祝いをする日です。
こどもの日の由来を子供に説明
端午の節句と同じ5月5日に制定されています。

 

端午の節句とは何が違うの?


端午の節句は男の子の健康と幸せを願うことです。

中国から伝わってきた風習で、当時は武士の時代とも言われていた日本では強い男の子になるよう願われていました。

5月5日が端午の節句=男の子の日、に対して、3月3日は桃の節句=女の子の日、となっています。

しかし5月5日は祝日なのに対して、3月3日は祝日でないことから、かつては男尊女卑だという意見もありました。

昔は男性の方が強く権力があったのです。

しかし現在では女性にも力があり、どちらも対等であるという考え方に変わってきており、5月5日の祝日は男女関係なく「こども」の日とすることで定着してきました。


 

こどもの日は何をするの?


男の子のいる家庭では端午の節句が優先されているようです。

端午の節句とは、男の子の成長を願って五月人形や兜、こいのぼりを飾ってお祝いします。

五月人形や兜は、戦いに出て争うのではなく男の子の身を守って健康に成長するようにという願いを込めて飾られます。

また武士の色が強かった日本ならではの「勝負」や「尚武」にかけて、菖蒲が飾られたりお風呂の中に入れられたりしていました。

現在でもこのような風習が残っており、加えて縁起物を食べるようになっています。

5月5日はちまきや柏餅をはじめ、鯛や赤飯、エビ、たけのこなど、男の子にちなんだ食べ物を食べます。

一方、「こどもの日」に何かをするという正式なものはありません。

兄弟に小さな男の子と女の子がどちらもいる場合は、こいのぼりに両方の名前を染めて飾る家庭もあります。

男女関係なく、こどもの幸せと健康を願う日なのです。

 

こどもの日は日本だけ?


 
実はこどもの日は世界各国にあります。

国際連合総会では1954年に、11月20日を「国際子供の日」としました。

世界の子供たちの相互理解と、福祉の増進を目的としており、児童の権利を主張している日です。

また、トルコでは4月23日を「国家主権の子供の日」と定め、ジュネーブでは6月1日を「国際子供の日」と定めています。

世界各国で子供の権利を認めて「こどもの日」を制定しているのです。



 

子どもにわかりやすく説明するポイント

日本と子どもの日
 
子どもの日由来は前述の通り「こどもの人格を重んじて、子どもの幸福を願うとともに、産んでくれた母にも感謝をする日」ですが、ポイントは「母にも感謝をする日」となっている点です。

つまり、両親双方にメリットがある日だということですね。笑

「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちをこめて、子どもに説明することが大切です。

端午の節句と桃の節句は、生まれてきた男の子と女の子を祝い、健康と成長を願う日です。

それに対してこどもの日には「母に感謝する日」となっています。

子どもは母親なくして生まれて成長することはできません。

こどもの日が母に感謝する日とはあまり認識されていませんが、子どもの成長を願う母親に感謝を伝える日という意味があるのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ