日焼け止めパウダーを手作りで!簡単な理由と注意点

スポンサードリンク

これからの季節は特に、日焼けの事、気になりますね。

そこで、たまには自分で日焼け止めを作って見ようかと思い、HPで調べて見ましたが、手作りり化粧品用UVケアの基材料として、コスメティックグレイドが適した材料になるそうですよ。

日焼け止めパウダーを手作りする方法

粒子の細かいタイプの二酸化チタン等は、特に粒子細かすぎる位に細かいので、使った際の白うきがないそうです。

例えば、手作りでファンデーションやフェイスパウダー等を作る場合の材料にも適しているのですね。

 

日焼け止めパウダーを手作りする方法とは?


 
特に、最近では、手作りコスメって流行っているそうですよ!

それでは、皆さんが作られてるレシピを集めて見る事にして、参考にさせて頂く事にしましょう。

当然ですが、自分の日焼け止め作りなので、SPF数値は自分で決める事になるのですが、自分で何かを決めるなんて、まさに手作り感が高まりますね。

作り方の詳細は⇓ ここで丁寧に教えて頂けますので参考にして下さい。
お肌に優しい日焼け止めクリームの作り方


注:紫外線反射物質混合する時に使う、酸化亜鉛、二酸化チタン等は吸い込んでしまうと人体には良くありませんので、作業前にはゴム手袋やマスクは必ずつけて下さい。


 

日焼け止めはなぜ手作りがいいのか?


 
最近、日焼け止めは自分の肌に合った物を作りたいと言われる人には、それなりの拘りポイントが有ります。

市販されている物ではなく、自分の肌に合った日焼け止めを作りたいと感じたら、挑戦して見て下さい。

通常、紫外線と言うのは、地球に届く前に、オゾン層により遮断されるはずなのですが、この大切なオゾン層が環境により破壊されている為に、紫外線の力は驚異的な力になっているのです。

驚異的な力を付けた紫外線は、自然環境に大きく影響を与えているのです。

日焼けから肌を守る為には、紫外線を肌に入れない様に防止することが大切なので、その為にも、UVケアが必要になります。

日焼けに影響が有るのは、UVB(中波長紫外線)のカットが必要と言われているのですが、市販されている物の配合量は決まって居るので、手作りをしてSPFに重視して作ることが出来るのですね。

日焼け止めを手作りする注意点


 

手作りする際の注意点とは?


 
いよいよ、作業に入ったら出来るだけ手早く進めた方が良いですね。

もし、材料を電子レンジで温める時は、20秒間隔で温まり具合を確認し、目を離さない様にして下さい。

日焼け止めの注意点

出来上がってきたら、時間が過ぎると固くなるのは早いので、少し温かさが残っている内に保存容器に入れるようにして下さい。

冷蔵庫に入れた状態で、約半年位は保存できますが、沢山作り置きしないで、半年間隔で作る方が良いと思います。
注:防腐剤を使用して居ないので、早めに使い切る方が良いですね。


それでは手作りの日焼け止めを塗って、太陽の元へ出かけて見ましょう!

日焼け止めSPFとPAの違いを知らないととんでもないことに!?

スポンサードリンク

このページの先頭へ