日焼け止めSPFとPAの違いを知らないととんでもないことに!?

スポンサードリンク

肌は一年中を通して、紫外線を浴びていると言われています。

そして、日差しがあまり強くないと言われている時期でも、微量な紫外線を浴びて、お肌にはダメージがあると言われていますので、UVケアはした方が良いと言われています。

日焼け止めのSPFとPAの違い

まして、これからは外で過ごす時間は長くなりそうですしね…。

それでは、日焼け止めについて、少し調べて見る事にしましょう!

 

日焼け止めのSPFとPAの違い


 

SPFとは…!?


 
サン・プロテクション・ファクターの省略になります。

シミやソバカス、皮膚ガンを作る原因と言われている紫外線で、B波のカットの力を表しています。

強い日差しに、何も付けない素肌と比較すると、日焼けするまでの時間は数倍は予防する事が出来るのです。

SPF20と表示の場合は、20分×20=400分=6時間40分間は、日焼けを抑える事が可能と言えます。


 

PA+とは…!?


 
PAは、プロテクション グレイド オブ UVA の省略になります。

皮膚を黒くしたり、シワや、たるみ、シワ等の原因と言われている紫外線 A 波を阻止出来る効果を表します。

阻止する力が強いほど+が多く、4段階に++++、+++、++、+の順に別れています。
毎日の外出や買い物の場合はPA++で充分ですね。

SPFとPAの違い

 

日焼け止めを選ぶ際のポイント、注意点とは?


 
敏感肌と言われている方の場合は、日焼け止めを使うと肌に炎症を起こすので、日焼け止めを使えないと言われている人。

敏感肌の方でも、配合成分に注意すれば、使って頂ける日焼け止めのポイントを調べました。

そのポイントは、紫外線吸収剤配合されてる日焼け止めを選ばない事が大切です。

紫外線吸収剤には、紫外線が持つエネルギーを肌で吸収し、熱エネルギーに変え、皮膚紫外線が浸透できなくするのです。

特に問題は無さそうですが、化学反応の力でエネルギーに変える事で、表皮細胞を破壊します。

一時的には日焼けの防止は出来るのですが、 長い時間を掛けてシミやシワが出来るのです。

そんな意味から、紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めは避けたいですね。

日焼け止め

 

おすすめの日焼け止めランキング


 
いざ自分が購入する時に、気になるのが「みんなは何を使っているのかな…?」、そこで、気になる日焼け止め(顔用)人気ランキングを口コミ情報から見る事に。

一番人気が、圧倒的な件数で
*メーカー:ランコムのUVエクスペールXL BB

 
二番人気は、一位とかなりの差で
 *メーカー:アリィーのエクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)

 
第三位は
 *アスタリフトのパーフェクトUVプロテクター

 
第四位は
 *マナラのリキッドBBバー

 
第五位は
 *エリクシールのエリクシールシュペリエルデーケアレボリュ-ションWll

 
どれも、化粧下地として使用出来る物です。


 

塗り方にもポイントがある?

 

もし、使用方法が間違っていたらとしたら、気付かない内に、シミやシワ等が出来てしまうかも…!

皮膚癌、白内障、シミ・シワ・たるみ、は紫外線が原因で引き起こる肌トラブルです。

汗で流れたり、ハンカチなどで落ちてしまった時は、2~3時間おきに塗り直し、その上からパウダーファンデーションを付けます。

日焼け止めの塗り方

海や山などレジャーに行く際はSPF50PA+++など高い数値の日焼け止めがオススメです。

日焼け止め 顔 塗り方のポイントはコレ!


どうしても塗り直しができない場合は、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを重ねるのがオススメ。

日焼け止め(紫外線吸収剤不使用)は石鹸で落ちる!断言できる理由とは

スポンサードリンク

このページの先頭へ