端午の節句の初節句のプレゼントはどうすればいい?一瞬で解決

スポンサードリンク

端午の節句で初節句のプレゼントは何にすればいい?



 
端午の節句プレゼントとしておもに贈られているのが、こいのぼりや五月人形、兜です。

これは子どもの母親の実家から贈る決まりがあります。

つまり子どもの母方の祖父・祖母です。

端午の節句のお祝い金

その他の親戚・兄弟はお祝い金や他の品物でお祝いします。

お祝い金の金額に正式な決まりはありませんが、立場によって金額が変わります。

母方の祖父・祖母は10~30万円くらいでこいのぼりや五月人形を購入して贈ります。

父方の祖父・祖母は5~30万円、その他親戚・兄弟は5千円~1万円が相場です。

 
初節句、おもちゃもアリ?

お金ではなくプレゼントを贈る場合、最も喜ばれるのはおもちゃではないでしょうか。

子どもが貰って嬉しいものを選びます。

また、初節句の男の子以外で兄弟がいる場合は、その子の分のプレゼントを付け加える気遣いも大切です。

近年ではプレゼントに商品券やカタログギフトが贈られることも多いようです。

少し寂しい印象もありますが、貰い手の好きなものが買えるのでプレゼントとしては無難かもしれません。


 

初節句に気を付けるべきこととは?


まずお祝いの品を贈る側の注意として、五月人形や兜の大きさです。

豪華な段飾りから、手軽に置けるケース飾りなど、大きさも金額も異なる品物が多く販売されています。

五月人形や兜の置き場所があるのかどうか、どのくらいの大きさが良いのかなどを事前に確認して贈るようにしましょう。


 
また、近しい親戚・兄弟はお祝い金にあわせて品物を付けると華やかなお祝いになります。

お祝い金のみでは味気なく冷たい印象になってしまいますので、子どもに合わせたおもちゃやお菓子などが良いです。


 
初節句の時期も重要!

また、初節句を行なう側の注意として、初節句を行なう時期です。

もし子どもが3月など早生まれだった場合は、初節句は翌年へ持ち越します。

早生まれの場合は、初節句までにお宮参りやお食い初めが終わっていない可能性があるからです。

先に神様へ誕生の報告を済ませてから初節句を行なうのが正式な流れです。

初節句を翌年へ持ち越す場合は、家族・親戚への連絡を忘れずにしておく必要があります。




 

地域によってプレゼントが違うって本当?


お祝いの仕方は地域(県)によって違いが見られるようです。

九州全県で見られるのは、こいのぼりと一緒に子どもの名前を染め抜いた旗を飾る風習です。

太文字で大きく染められた男の子の名前が風に揺られているのを至る所で見ることができます。

端午の節句のこいのぼり


高知県ではお祝いの料理は皿鉢料理といい、一枚の大きなお皿に様々な料理を盛り合わせる習慣があります。

高知県の郷土料理がメインで、子どもの母方、父方の祖父母を招いて大人数で食卓を囲んでいます。

山梨県の一部地域では、こいのぼりと一緒に武田信玄の絵と家紋ののぼりを贈る習慣があります。

またお祝い返しですが、頂いた日から1ヶ月以内に返す地域もあれば1年後に返す地域もあるようです。

それぞれの地域の方法を確認しておかなければなりません。

端午の節句の食べ物の意味が意外すぎるw

スポンサードリンク

このページの先頭へ