端午の節句の食べ物の意味が意外すぎるw

スポンサードリンク

端午の節句!食べ物別の意味を解説


端午の節句の意味と由来
 
【ちまき】

ちまきは中国から日本へ伝わってきたものです。

紀元前300年に中国で絶大な支持を得ていた屈原という政治家がいました。

しかし屈原は陰謀により中国から追い出されてしまい、絶望して川へ身投げをしてしまいました。

この屈原の命日が5月5日だったのです。

事件にショックを受けた中国の人々が命日の5月5日に屈原を弔うために、ちまきを備えたことが始まりです。

屈原の供養の日がやがて無病息災を祈る日となり、備えていたちまきは健康を願って食べるように変化していきました。

この風習が平安時代に日本へ伝わったことで、5月5日の節句はちまきを食べるようになりました。

 
【柏餅】

餅を包んでいる柏の葉は、次の新芽が出るまで葉が落ちないことから、家系が途絶えずに続いていくことをあらわしており、縁起物として食べられています。

 
【鯛】

「めでたい」という意味で縁起物として食べます。

 
【ブリ】

成長するにつれて呼び名が変わるブリは、出世を意味します。

子どもの出世を願って縁起物として食べられています。

関西ではハマチ、関東ではイナダとも呼ばれています。

食べる際は照り焼きにするのが主流です。


 
【赤飯】

お祝い事の定番料理ですが、子どもに合わせてちらし寿司で代用しても良いです。


 
【たけのこ】

たけのこのように、力強くまっすぐに育つようにという願いが込められています。


 
【エビ】

エビのように背が曲がるまで長生きしますようにという願いが込められています。


 
【カツオ】

端午の節句のカツオ

「勝つ男」という意味の縁起物として食べられています。


 

結局、どれを食べればいいのか?


端午の節句は、ひな祭りのように決まった献立がありません。

どちらかと言えば食べ物よりも、こいのぼりや五月人形を飾ってお祝いすることが習慣となっています。

意味のある食べ物を全て食べる必要は無く、献立に子どもの好きな食べ物を盛り込んで楽しくお祝いしましょう。

男の子のお祝いなので、特に健康や出世を願う食べ物を選んで食べるという家庭もあるようです。

ちまきや柏餅は、お祝いに来てくださった親戚への手土産として用意しておくと良いでしょう。



端午の節句の食べ物に注意点はあるのか?


端午の節句に決まった形式はありませんが、初節句には決まりごとがあります。

3月や4月のはじめなど早生まれの男の子の場合は、お宮参りやお食い初めより先に初節句を行なってはいけないとされています。

先にお宮参りなどをして神様へ誕生の報告をしてから、初節句を迎えます。

この場合は、初節句は翌年へ持ち越しましょう。


また、端午の節句は男の子が2人、3人と生まれた時はそれぞれでお祝いします。

初節句を含め、男の子ひとりずつお祝いし、みんなの成長をお祈りしましょう。

端午の節句の初節句のプレゼントはどうすればいい?一瞬で解決

スポンサードリンク

このページの先頭へ